FC2ブログ

冬の夕暮れ 相生山

久しぶりの投稿挑戦です。相生山はすっかり冬景色、うらぶれています。
今朝は霜も降りてグランドは真っ白。夕日は赤く落ちました。
file:///Users/takaokashuchou/Desktop/%E5%86%AC%E3%81%AE%E5%A4%95%E6%9A%AE%E3%82%8C.jpg
スポンサーサイト



寺の生活から

寺の日記から
このごろクヌギの大木が枯れます。虫が入り,その虫に着いている菌が木の内部に足を伸ばすので、水が吸い上げられなくなって枯死すると聞いています。寺の境内には60〜70年の樹齢のクヌギが多いのですが、大木程弱い。さてここは山だから自宅の暖房や寺の風呂は薪で生活しています。枯死した木を倒し、割って薪にします。割ってくれているのはネパールの友人、花まつりに毎年やって来られてボランティアをしてくれます。小生も歳ながらチェーンソーを使って樵を楽しみます。

早朝の散歩
ブログに写真をアップするため、朝犬と散歩する時、コンパクトデジカメを持って出かける。相生山は季節の表情が豊で、フォトジェニックだ。この小さなカメラではメモ程度の切り取りしかできないのだが、、

春になるとカメラぶら下げて良く歩きます

早春の珍客
春は風景が激しく変化するので、ついついカメラを持って出かけたくなります。境内に小さな池があるのですが、毎年このお客さんに訪問を受けています。4,5日休息してから旅立ちます。

桜チリヌルオ

チリヌルオ
今年は桜が十日も遅れたでしょうか、終わって庭は一面の花絨毯に飾られます。

モミジの新緑はことさら美しい

モミジの新緑はことさら美しい
徳林寺の周辺はモミジが多く、秋の紅葉を多くの人が楽しんでいます。同時に春の緑の中で、ことさら美しい緑を放つのもモミジです。

相生山は都市型緑地となって

相生山の花園
かって(かってと言うのは50年前としましょう)相生山は野並の里山でしたが、その後名古屋の郊外となり、農村の里山は後退して、人手が入らない都市緑地に成りました。50年間で鳥たちが運んだ種で木々は鬱蒼と茂った自然山地となりました。わずかに住民が住んでいるので、道や空き地があり、低木や草地もあちこちに有ります。幸いな事が重なって現状は大変恵まれた環境です。記録したい豊かな自然誌時々伝えたいです。

名古屋の嵐山?

名古屋の嵐山
 OB会のブログが出発します。東山のキャンパスが新しくなった頃、写真部も動き始め、県美等で写真展を開催する部活動の歴史が再興されました。そのころ部員は多くはなかったのですが、結構勢いが有り楽しく活動していました。その部員面々は今社会から引退し始め、また写真へ回帰する気持ちがくすぶり始めました。
 さてブラグはプロ・アマチュア写真家から老いらくの写真同好会的雰囲気もごちゃまぜで、いろんな角度から写真が投稿され、楽しく展開されるでしょう。見て下さる方投稿される方お楽しみ下さい。

 私は1960年代後半に、写真学部写真部でした。学生生活からすっぽ抜けて写真部で生活しました。実は工学部機械科から文学部美学美術史へ転部して、6年間学部生活をしました。
その後、社会からもずっこけて、ネパールで文化の記録や古文書のマイクロフィルム製作を行っていました。振り返るとあっという間に若者からシルバーへ、しかしまだ現役の頃の気分でやっています。現在は名古屋のチベット相生山のネイティーブとして寺の住職やっています。
プロフィール

名古屋大学写真部OB会

Author:名古屋大学写真部OB会
名古屋大学写真部OBのための共有サイトです。新規登録は管理者までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム