FC2ブログ

“トルコ 私のお気に入り26” トルコ人もビックリ!?の「ハッキャリ」

前回のホシャップから更に南に約150km、トルコの東南部イラク国境に近い「ハッキャリ」です。
1999年12月、過去トルコ軍とクルド労働者党PKKゲリラの衝突が頻発していたと言われるハッキャリにどうしても行って見てみたいと言う衝動を抑えきれず、ホテルの知り合いの制止を振り切って行って来ました。
トルコでは今も徴兵制があり、“ハッキャリにだけは行きたくない!”とか、“ハッキャリ方面は危険!?”、“PKKに狙われる!”とかよく聞きました。
そのトルコ人にもネガティブなイメージがある珍しいハッキャリの写真をご紹介します。
2013.9.30 フォトキョイ 江口

01ハッキャリへの道
ハッキャリへの道
02ハッカリの町
ハッキャリの町 標高1748m と言うことは周りの山々は3000m級?
03ハッカリの中心地
ハッキャリの中心地
ワンより乗り合いバスで5~6時間、到着するとすぐにジャンダルマ(憲兵)が来て職務質問
その後、かなり強引にホテルを指定され、そのホテルに宿泊 
でもとても快適でホッとしました。
04ハッキャリの男たち
何故か?朝早くから男たちが集まっている。
05ハッカリの子供達
無邪気に遊ぶ子供たち
06ハッカリの子供
雪道を滑らないように歩く子供たち
07視線が
珍しい外国人を見る厳しい視線がこちらへ…
途中、何度もジャンダルマや私服の警官?に職務質問をされ、“あそこに行ってはダメ!”だとか、“あそこは撮ってはダメ!”だとか、“夜は外出してはダメ!”だとか…、他の土地とはかなり異なって自由の利かない緊張感を感じた町でした。
08ようやく会話が
次の朝、“ロジュ バシュ!”おはよう! “チャワニ?”お元気ですか? “ナベテ チエ?”お名前は? など、片言のクルド語でようやくお母さんと挨拶…。
ビックリ?!笑顔を見せてくれました。
09ハッカリの山々1999
12月のハッキャリの山に暖かい夕陽が…
10ハッカリのキリム
ハッキャリ訪問記念にキリム(平織絨毯)を2枚購入
ここでも私服警官?らしき人が付きっきり…
でも、本当にズシリと重い記念になるお土産となりました。
“スパス!ハトレッテ!ハッキャリ!” ありがとう!さよなら!ハッキャリ!
“エメヘフデ ビビニン!”また会いましょう!

11トルコ地図ハッカリ


スポンサーサイト



「大阪・靭公園~北御堂」 2013.9.28

知り合いの方が大阪オリンパスギャラリーと富士フイルムフォトサロンで写真展開催とのことで、早めに大阪に出て靭公園~北御堂をスナップ散策して来ました。今回は珍しく昔懐かしいB/W素粒子の世界です。
そう言えば大学写真部時代、コダックのトライX(高感度)やフジのミニコピー(高コントラスト)B/Wフィルムの100ft長巻を購入して、パトローネに詰め分けして、撮影していたことを懐かしく思い出します。
当然フィルム現像から引き伸ばしプリント・パネル貼りまですべて自分でやっていました。
1971年会社に入ってからはカラー化の流れに乗ってカラーリバーサルフィルム、そして2008年からはデジタル化の流れに遅ればせながら乗ってデジタル一眼レフカメラと、僕の写真は変化して来ました。

2013.9.29 フォトキョイ 江口

P9280033.jpg

P9280039.jpg

P9280051.jpg

P9280069.jpg
上4点:靭公園
P9280087.jpg

P9280093.jpg
上2点:北御堂

使用カメラ/レンズ:Olympus E-PL5/ボディーキャップレンズ(15mm F8)
アートフィルター:ラフモノクロームを使用

フォトキョイ「明日香~本薬師寺」撮影会 2013.9.26

秋空の中、毎年恒例の「明日香・稲渕ヒガンバナ~本薬師寺ホテイアオイ」撮影会に行って来ました。
今年はヒガンバナ・ホテイアオイ共に少し過ぎた感はありましたが、取りあえずご高覧下さい。
2013.9.27 フォトキョイ 江口

01Y_EG1845.jpg

02Y_EG1893.jpg
以上2点:明日香・稲渕
03Y_EG1932.jpg

04P9260244.jpg

05P9260396.jpg

06P9260220.jpg

07P9260452.jpg
以上5点:本薬師寺跡


今池祭り⑤ プロレスと結婚式

今池祭りの最終版。今池の西ニ番通りの南の交差点中央にレスリングコ―ナ―が急造されて、ローカルな今池プロレスらーが闘いをした。こども達も大喜びだ。試合が終ると何と、マット上結婚式が行われた。この新朗新婦にはもう子供がいるとの紹介であった。  Canon PowerSot A1400


人が集結してくる。

IMG_0709.jpg
司会登場。

IMG_0757.jpg
お父さんの肩車上のシャレた茶髪の幼女。

IMG_0768_20130925110921369.jpg

IMG_0771.jpg
IMG_0775.jpg
IMG_0781.jpg
髭のレスラーが勝つストーリーになっている。
IMG_0784.jpg
ローカルな海苔会社のコマーシャルゆるキャラの「でーたらぼっち」も観戦。子供達に人気だ。知っているかな?

IMG_0800.jpg
IMG_0802.jpg
いよいよ結婚式の始りと思ったら、お邪魔虫のおやじ登場。子供なんかもういるのに式を認めないといいはる。

IMG_0810.jpg
そこへ、6号レスラー登場(小学生だ)。邪魔なオヤジを排除しようとする。

IMG_0808.jpg
ジャンピングネック。子供だが年季が入っている。

IMG_0818.jpg
遂にオヤジダウン。

IMG_0822.jpg
IMG_0827.jpg
IMG_0830.jpg
IMG_0839.jpg
近いのことば、リング交換、愛のキスと進み、二人は観衆に祝福され嬉しそうだ。

今回、マツヤカメラもある身近な今池の祭りを撮ってみて、バラエティーの豊富さを楽しんだ。来年も楽しみだ。

今池祭り④ ベリーダンス

お待ちかねのベリーダンスです。北川のかみさんも、Showが近いので毎日家を空けて練習に狂っている。こちらは別のグループ。年齢がかみさんのグループよりぐっと若いので楽しんだ。誰かの好きなぼとっくすもある。ベリーとは腹のことなのでやや、下腹の脂肪がついていてそれが震えるのがよいとされているらしい(かみさん曰く) Canon PowerShopt A1400



BEL3.jpg
BEL2.jpg
BEL4.jpg
BEL5.jpg
BEL6.jpg
BEL7.jpg
BEL8.jpg

BEL11.jpg
BEL12.jpg
BEL13.jpg
BEL14.jpg
BEL15.jpg
BEL16.jpg
BEL17.jpg
BEL18.jpg
BEL19.jpg
BEL20.jpg

今池祭り③ 将来のSKE48

今池祭りのつづき。ダイエーの脇のステージでは将来のAKBやSKEのダンサーがパフォーマンスを披露した。  Canon PowerShot A1400

IMG_0615.jpg
小学生や中学生も多い。

IMG_0620.jpg
IMG_0623.jpg
IMG_0624.jpg

IMG_0627.jpg
IMG_0630.jpg
この娘(こ)は可愛い。将来、メジャーに出てきて欲しいね。

IMG_0634.jpg
IMG_0636_201309251039549aa.jpg
センターの娘(こ)もいいね。

IMG_0639.jpg
IMG_0642.jpg
Boysは人数が少ないが頑張っている。

IMG_0648.jpg
IMG_0651.jpg
IMG_0655_20130925104026ece.jpg
この子はまだ就学前だろう。動きが幼稚だがそれがなかなか良かった。



楽しませてもらった。将来、大勢、メジャーに出てくることを願ってその場を去った。

今池祭り② パフォーマンス

今池祭りのつづき。妙なシンガーと空手である。 Canon PowerShot A1400


出ました。称して「爆乳シスターズ」マイクスタンドにブラがぶら下がっている 

IIK2.jpg
IIK3.jpg
IIK4.jpg
IIK5.jpg
IIK6.jpg
実は40代のと50代のおばさんとおかまで構成されている。どれが誰だか分かるかな?変なグループだが声量があり歌はそこそこ上手かった。

IIK7.jpg
IIK8.jpg
こちらは、もう一人の新メンバー。こちらも何やら怪しい。

IIK9.jpg
IIK10.jpg
こちらは、10代のGAL。若い。

IIK11.jpg
IIK12.jpg
空手パフォーマンス。

IIK13.jpg
こちらのオジサンは、ソウルシンガー。いい味を出していた

IIK14.jpg
IIK15.jpg
小さな女の子が感動して浮かれだした。

IIK16.jpg


歌い手はいずれもこの辺のローカルな人だがなかなかいい声をしている。北川もこの夜は、家の近くの居酒屋へ行って歌いまくってしまった。

今池祭り

今池祭りに出かけた。祭りと云っても伝統的なものでなく今池商店街の新興催事である。しかし、色々なものがごった煮で面白かった。2日間で15万人程の人出があったとか。  Canon PowerShot A1400

IMK2.jpg
バトントワラーの行進で始り。

IMK3.jpg
IMK4.jpg
IMK5.jpg
大道芸が複数立った。

IMK6.jpg
勿論、子供の喜ぶものもある。

IMK7.jpg
IMK8.jpg
IMK9.jpg
オジサンバンド(多分団塊)が70年代の青春の唄を次々と歌う。おばさん歌手、パワー全開。元気なおばあさんが踊る。

IMK10.jpg
IMK11.jpg
IMK12.jpg
IMK13.jpg
IMK14.jpg
郵便局の前では一人歌手が歌う。ウクレレとバイオリンベース(低音から高音までよく出る)で頑張る。

IMK15.jpg
IMK16.jpg
IMK17.jpg
IMK19.jpg
IMk20.jpg
和太鼓のあとは韓国舞踏だ。日韓は仲良くしたいものだ。


神輿が申し訳なさそうに転がっていた。

                                        つづく。

「平城宮跡散歩」 2013.9.23

我が裏庭、平城宮跡にも秋がやって来ました。
昨日はジョギングではなく、久しぶりにカメラを持って散歩を楽しんできました。
では、秋の平城宮跡を一緒に散歩に出掛けましょう。
2013.9.24 フォトキョイ 江口

P9230004.jpg
東院庭園
P9230050.jpg
右奥:内裏
P9230067.jpg
右:内裏
P9230085.jpg
大極殿
P9230095.jpg
第二次大極殿
P9230226.jpg
大極殿
P9230284.jpg
朱雀門近鉄奈良線踏切


“トルコ 私のお気に入り25” トルコの東の小さな村「ホシャップ」

トルコの東ワンの町から更に東へ60kmにある「ホシャップ」はペルシャ語で美しい水、トルコ語では同じ意味を持つ「ギュゼルス」と呼ばれています。小さな村ですが、その中心に位置するホシャップ城…、城も美しいのですが、城からの眺めが美しく、何度訪れても感動します。そこで暮らしているクルドの人々の生活も垣間見られ、ワンを訪問される際はぜひ足を延ばして下さい。
2013.9.22 フォトキョイ 江口

01ホシャップへ2009.5
2009 ワンからホシャップへの道
02野の花03 04 09
上2003 中2004 下2009
ホシャップへの途中、いつも気になり撮影する5本のポプラの樹
03ホシャップへの道1999
1999 もうじきホシャップ城…
04ホシャップ城2004
2004 夕陽に赤く染まるホシャップ城
05ホシャップ城門扉ライオンのレリーフ2009
2009 ホシャップ城門扉 上部に2頭のライオンのレリーフ
よく門に鍵がかかっていますので下の村で確認して下さい。
06山並み2002
2002 遠く雪の山並みを展望
07ホシャップ村2000
2000 すぐ下のホシャップ村
08城より00 03
左2000 右2003
09雪の中2005
2005 冬のホシャップ村
10影1998
1998 初めてのホシャップ城訪問記念に自分の影を撮影

トルコ地図ホシャップ城


Georges Island

ボストン湾にはいくつもの島がありますが、その中でも最もポピュラーな島がGeorges Islandです。ボストンの波止場から30分あまりで到着します。この島には海からの侵入者からボストンを守るための砦 Fort Warrenが造られ、南北戦争、米西戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦を通して、活用されて来ました。今は観光客のための史跡として往時を偲ばせています。
IMG_3236.jpg
IMG_3244.jpg
IMG_3250.jpg
IMG_3260.jpg
IMG_3262.jpg
IMG_3281.jpg
IMG_3288.jpg
IMG_3292.jpg
IMG_3294.jpg
IMG_3296.jpg
IMG_3309.jpg
IMG_3316.jpg
IMG_3318.jpg
IMG_3327.jpg
IMG_3336.jpg
IMG_3347.jpg
IMG_3362.jpg
IMG_3389.jpg

(カメラ: Canon EOS 50D レンズ: Sigma DC18-250mm 撮影日:2013年9月7日)

ボストン・ハーバー

快晴のボストン・ハーバーはハーバー・クルーズを楽しむ大勢の観光客で賑わっています。
IMG_5187.jpg
IMG_5188.jpg
IMG_5189.jpg
IMG_5190.jpg
IMG_5193.jpg
IMG_5194.jpg
IMG_5197.jpg
IMG_3187.jpg
IMG_3192.jpg
IMG_3203.jpg
IMG_3210_20130919205903caf.jpg
IMG_3232.jpg

(カメラ: Canon EOS 50D/ PowerShot 90S 撮影日:2013年9月7日)

ボストンの公園

ボストンにはあちこちに緑豊かな公園があります。リスは見慣れた光景です。
IMG_5024.jpg
近所の公園で
IMG_5025.jpg
近所の公園で
IMG_5026.jpg
IMG_5027.jpg
子どもたちはスカイツリーと呼んでいました
IMG_5036.jpg
リスがうろちょろしています
IMG_5100.jpg
ボストン美術館の中庭で
IMG_5114.jpg
ボストン・コモン
IMG_3162.jpg
マサチューセッツ州議事堂
IMG_3166.jpg
州議会議員と思われる人物のインタビューが終った後で入念に化粧するキャスター兼カメラマン
IMG_5159_2013091920411843f.jpg
Government Center

(カメラ: Canon EOS 50D /PowerShot 90S 撮影日:2013年9月2日・4日)

Midway Geyser Basin他

イエローストーンのシンボルは雄大な間欠泉と青と褐色の湯溜まりですね。イエローストーンの名称はこの褐色の湯溜まりから来ていると思われます。
IMG_2399.jpg
IMG_2401.jpg
IMG_2403.jpg
IMG_2412.jpg
IMG_2415.jpg
IMG_2417.jpg
IMG_2419.jpg
IMG_2429.jpg
IMG_2437.jpg
IMG_2440.jpg
IMG_2447.jpg
IMG_2450.jpg
IMG_2451.jpg
IMG_2453.jpg
IMG_2456.jpg
IMG_2457.jpg
IMG_2467.jpg
IMG_2472.jpg
IMG_2475.jpg
IMG_2477.jpg
IMG_2485.jpg
IMG_2489.jpg
IMG_2497_20130919202834de3.jpg

(カメラ: Canon EOS 50D レンズ:Sigma DC18-250mm 撮影日:2013年8月28日)

Mammoth Hot Springs Terraces

Mammoth Hot Springs Terracesの景観はトルコのパムッカレに酷似しています。イエローストーンには地域ごとに多彩な景観があり、訪れる人を楽しませてくれます。
IMG_2652.jpg
IMG_2655.jpg
IMG_2661.jpg
IMG_2666.jpg
IMG_2667.jpg
IMG_2668.jpg
IMG_2671.jpg
IMG_2679.jpg
IMG_2687.jpg
崖の真ん中上部に注目!正にムンクの「叫び」では
IMG_2694.jpg
IMG_2697.jpg
IMG_2724.jpg
IMG_2726.jpg

(カメラ: Canon EOS 50D レンズ:Sigma DC18-250mm 撮影日:2013年8月29日)

Upper Geyser Basin

Upper Geyser Basinには間欠泉や温泉溜まりなど様々な景色が見られます。中でもGrand Geyserは最大60メートルに達する大間欠泉です。最長15時間間隔となる間欠泉ですが、丁度行った時に噴出が始まったのはラッキーでした。
IMG_2525.jpg
IMG_2528.jpg
IMG_2535.jpg
IMG_2539_20130919191943eed.jpg
IMG_2540.jpg
IMG_2543.jpg
IMG_2545.jpg
IMG_2548.jpg
IMG_2573.jpg

(カメラ: Canon EOS 50D レンズ:Sigma DC18-250mm 撮影日:2013年8月28日)

Lower Falls/Upper Falls

Lower Falls/Upper Fallsがある地域はイエローストーンのグランドキャニオンと呼ばれています。グランドキャニオンのように切り立った渓谷を見下ろす柵もない道を歩くのはスリル満点です。
IMG_2882.jpg
IMG_2891.jpg
IMG_2898.jpg
IMG_2925.jpg
IMG_2944.jpg
IMG_2970.jpg
IMG_2992_201309191638546c9.jpg
IMG_2998.jpg

(カメラ: Canon EOS 50D レンズ: Sigma DC18-250mm 撮影日:2013年8月30日)

イエローストーン湖でのトローリング

イエローストーン湖でフィッシングボートをチャーターしてトローリングを楽しみました。2時間ほどで釣れたのはマス1匹でしたが、楽しいひとときでした。
IMG_3019_20130919162509736.jpg
IMG_3021_20130919162508fa8.jpg
IMG_3022.jpg
IMG_3023.jpg
IMG_3028.jpg
IMG_3040.jpg
IMG_3041.jpg
IMG_3046.jpg
IMG_3060.jpg
IMG_3073.jpg
IMG_3078.jpg
IMG_3098_20130919162615307.jpg

(カメラ: Canon EOS 50D レンズ:EFS10-22mm Sigma DC18-250mm 撮影日:2013年8月30日)

Hayden Valley

動物の宝庫イエローストーンの中でも、特に動物を見る機会が多いと言われているのがこのHayden Valleyです。お約束通り私たちの前にも多くのBison(日本ではBuffaloの名前の方が分り易い)が姿を見せて、喜ばせてくれました。
IMG_2770.jpg
IMG_2774.jpg
IMG_2781.jpg
IMG_2787_20130919161429166.jpg
IMG_2791.jpg
IMG_2807.jpg
IMG_2819.jpg
IMG_2821.jpg
IMG_2846.jpg
IMG_2850.jpg
Bisonが道路を渡るときは自然に通行止めとなります。あくまで動物が優先。

(カメラ: Canon EOS 50D レンズ:Sigma DC18-250mm 撮影日:2013年8月29日)

Grand Teton-Jenny Lake

宿泊したJackson Lakeから少し南に下がったところにあるこじんまりしたJenny Lake、船で対岸に渡り山道を登ると目の前に滝が現れます。
IMG_1919.jpg
IMG_1921.jpg
IMG_1928_20130919160602e6e.jpg
IMG_1931.jpg
IMG_1933.jpg
IMG_1936.jpg
IMG_1952_20130919160656e68.jpg
IMG_1958.jpg
IMG_1960.jpg
IMG_1966.jpg
IMG_1977.jpg
IMG_1986.jpg

(カメラ: Canon EOS 50D レンズ:Sigma DC18-250mm 撮影日:2013年8月26日)

早朝の Old Faithful

早朝 Old Faithfulを散歩しました。朝の清々しい空気の中での煙たなびく景色はまた興味深いものでした。

IMG_2322.jpg
IMG_2327.jpg
IMG_2335_20130919155418e8c.jpg
IMG_2348.jpg
IMG_2359.jpg
IMG_2360_2013091915550476c.jpg
IMG_2363.jpg
IMG_2366.jpg
IMG_2374.jpg
IMG_2376.jpg
IMG_2382.jpg

(カメラ: Canon EOS 50D レンズ: Sigma DC18-250mm 撮影日:2013年8月28日)

Old Faithful Geyser

Old Faithful Geyserはイエローストーンの中で最も有名な間欠泉です。60分から90分間隔で温泉が吹き上げられます。その名前も、期待を裏切らず一定の時間間隔で必ず温泉を吹き上げるところから来ているのでしょうね。下3枚の写真は20世紀初頭に丸太で建てられたOld Faithful Innです。イエローストーンで最も有名なホテルです。

IMG_2208.jpg
IMG_2209.jpg
IMG_2219.jpg
IMG_2223.jpg
IMG_2237.jpg
IMG_2249.jpg
IMG_2264_20130919153645205.jpg
IMG_2272.jpg
IMG_2282.jpg
IMG_2288.jpg
IMG_2313.jpg

(カメラ: Canon EOS 50D レンズ:Sigma DC18-250mm EFS10-22mm 撮影日:2013年8月27日)

West Thumb Geyser Basin

West Thumbはイエローストーン湖の西のくびれた部分にあたり、丁度親指のように出っ張っているところから名付けられたのでしょう。ここから我々のイエローストーン巡りが始まりましたが、何か別府を思わせる懐かしい景観でした。

IMG_2136.jpg
IMG_2138.jpg
IMG_2144.jpg
IMG_2150.jpg
IMG_2153.jpg
IMG_2158.jpg
IMG_2163.jpg
IMG_2170.jpg
IMG_2179.jpg

(カメラ: Canon EOS 50D レンズ: Sigma DC18-250mm 撮影日:2013年8月27日)

Grand Teton国立公園

8月25日から8月31日まで米国ワイオミング州にあるGrand Teton国立公園、Yellowstone国立公園へ行きました、その折の写真をエリアごとにアップします。Grand TetonはSalt Lake Cityから車で5時間ほどのところで、Grand TetonからYellowstoneまでは更に車で1時間ほどの距離です。

グランドティートン連峰を望む
IMG_4897.jpg
ホテルの庭からグランドティートン連峰を望む
IMG_4909.jpg
ホテルの庭で
IMG_4886.jpg
ホテルから
IMG_4894.jpg
ホテルのレストランから
IMG_2005.jpg
散歩道は馬で散歩する人も多い
IMG_2010.jpg
山の上の池
IMG_2011.jpg
怪しい雰囲気の木
IMG_4934_2013091914461715e.jpg
湖を渡り嵐が近づいてくる
IMG_2033.jpg
ホテルの部屋から眺める残照
IMG_2054_20130919144457b37.jpg
雲たなびく朝

(カメラ: Canon EOS 50D、Canon PowerShot 90S 撮影日:2013年8月25日、26日)

“トルコ 私のお気に入り24” トルコの北東「ハスキョイ」

トルコの北東アルダハンとカルスの間にあるハスキョイ(日本語で特別・純粋村?)
その村の周辺にはかなり極端に蛇行する小川が流れています。
初めて見たのは2002年カルスからアルダハン行きの乗り合いバスの中…
早速次の日、乗り合いバスでハスキョイへ…
2013.9.19 フォトキョイ 江口

01名称未設定2002
2002 初めてのハスキョイ 蛇行する小川に大感激!まずは高台へ…
初夏の炎天下、3時間ほど周りを撮影しました。
02名称未設定-2002
2002 川の側まで来ました。水はとてもきれいで透明度はかなりのものです。
03ハスキョイ2002
2002 また違う場所の高台から
この後、帰りの乗り合いバスはしばらく来ず、ヒッチハイクでアルダハンへ…
親切な運転手さんで飲み物や食べ物の差し入れの後、ホテルまで乗せてくれました。本当に疲れた果てた身体に、“運転手さん、ありがとう!”
04IMG_0534-2008.jpg
2008 2度目のハスキョイ この時はカルスよりタクシーで往復です。
05IMG_0567-2008.jpg
2008 蛇行する川の向こうでのんびりと牛たちが草を食んでいます。
06ハスキョイ同じ場所2009
2009 次の年も愛知の方々3名と前の写真と同じ場所から撮影
今年も牛たちがのんびりと草を食んでいました。
07IMG_05202009.jpg
2009 5~6月のこの時季は草原に草花が咲いて本当にきれいです。
08IMG_0508.jpg
2008 偶然こんな後ろ姿のスナップ写真も撮れました。
09IMG_0671-2008.jpg
2008 この年のハスキョイはあまり天気が良くなく雨交じり…、
でもこのような素晴らしい虹が僕を歓迎してくれました。

トルコ地図ブログ用
印:ハスキョイ 印:上アルダハン・下カルス

ドイツでのコンパ

ドイツのギーセン大学の友人の教授を訪ねた時、たまたま、物理学科の遠足に誘われた。オ―ぺルの工場見学でトヨタ看板方式の説明を受けたあと、飲み会となった。ニコン Coolpix E2200


ドイツは白なのだが肉にあわせてかこの日は赤ワインからスタート。

DK1.jpg
DK2.jpg
北川はドイツではこうだが日本ではどうだとあれこれと訊かれた。友人撮影。

DK4.jpg
DK5.jpg
DK6.jpg
DK7.jpg
赤ら顔の人は典型的なドイツのオジサン。

DK8.jpg

DK9.jpg
女性はスラブ系。結構、東欧から働きにきている

DK10.jpg
帰りのバス。後では酔いが廻った人が大騒ぎだ。

遠い日本から来たとて大歓待を受けた。

46年前の写真(補2)模擬店

46年前、1年生のときの写真部でのネガケースがもうひとつ転がっていた。名大祭での豊講前の模擬店である。女性援軍は勿論、金短である。
 コニカアイ(ハーフ)f=30mm, Neopan SS.




Mogi2.jpg
何やら相談中。キャンパスの木はまだ低い。今は、かなり高い。車の三角窓が懐かしい。

Mogi3.jpg
嬉しそうだ。

Mogi4.jpg
小豆を煮るようだ。

Mogi5.jpg
この子が可愛かった

Mogi6.jpg
男性群はたこ焼き。

Mogi7.jpg
北川も参戦。同級生の誰かが撮影。

Mogi8.jpg
自分で撮影。

Mogi9.jpg
こちらはぜんざい。

Mogi10.jpg
Mogi11.jpg
こちらは洗い場か?

北川は教養の時、SI-23のフランス語クラスで理学部の女子もいたので模擬店に一部その子達がいたかもしれない。 この頃、化学専攻だと親が必ずドイツ語を取れと云ったものだ。反発してフランス語にしたのだが、博士号を取る時、フランス語の問題を出せる先生がいなくて結局ドイツ語、辞書無しで試験を受けるはめになった。まあ、しかし、これが多言語への道を開くこととなり片言を入れると12言語ができるようになった。



“トルコ 私のお気に入り23” メヴラーナのセマー(旋舞)

メヴラーナのセマー(旋舞)はイスラーム神秘主義の一派メヴレヴィー教団の儀式旋舞だそうですが、今はショー化されて、本場コンヤやカッパドキア・イスタンブルのレストランなどで見ることが出来ます。
もしトルコに行かれる機会がありましたら、ぜひ見て下さい。
荘厳な音楽とセマー、一見の価値ありです。
2013.9.16 フォトキョイ 江口

01セマーテュネル1999
1999 イスタンブル ガラタ・メヴラーナ博物館にて初めてセマー
重々しい演奏の後、はじめ一同に並びます。
02初めてのセマ
1999 その後、一人一人が約5~10分程度、左回転旋舞…
僕らだったら当然途中で目が回ってダウン~!?
1/10 後幕スローシンクロ撮影
03カッパドキアブラックライト2000
2000 カッパドキア洞窟レストラン ブラックライトの光で青白く…
コダックEPH1600をISO3200増感 手持ち撮影
04シルケジ駅サロン2001
2001 イスタンブル・シルケジ駅サロン
コダックEPJ320をISO1280増感 手持ち撮影
05シルケジ陶酔2001
2001 イスタンブル・シルケジ駅サロン
フジRHP400をISO1600増感 手持ち撮影
07シルケジ2008
2008 イスタンブル・シルケジ駅サロン 
 08シルケジ2008 10分の1秒手持ち撮影ISO1600
2008 イスタンブル・シルケジ駅サロン 何と女性でした! 1/10手持ち撮影
09再度シルケジ2009 4分の1秒ISO400
2009 イスタンブル・シルケジ駅サロン 1/4手持ち撮影
4~7番目の4点の写真はこの写真の左上の3階から撮影

【特別追記】

2020東京オリンピック開催決定、バンザ~イ!!
イスタンブール落選…、残念!2024イスタンブールの開催を待っています!!
落選直後の落胆…、でもその後のトルコでのたくさんの“おめでとう!日本!!”のニュースには感激しました。
“ありがとう!トルコ・イスタンブール!!”

カッパドキア・ギョレメで殺傷された栗原さん・寺松さんの事件に関して、トルコを愛するひとりとして本当に残念なニュースです。
でも親日国トルコのカッパドキア・ギョレメ村の人々が“ゴメンナサイ!”、“愛しています!”のプラカードを持っての追悼式のニュースには感激しました。
“ありがとう!トルコ・カッパドキア・ギョレメ村の皆さん!!”

フォトキョイ便りNo.131 2013年10月号抜粋を“fotokoy 写真大好き!”http://fotokoy.blog.fc2.comにアップロードしております。
よろしかったら覗いて下さい。

「今井町~本薬師寺跡」 2013.9.13

昨日真夏並みの暑さの中、7/24今井町で撮影したフラフープの子の写真を届けに行ったついでに、9/26のフォトキョイ撮影会の下見を兼ねて本薬師寺跡へ行って来ました。
写真のようにホテイアオイは絶好調…?!
9/26の撮影会は明日香の彼岸花が見頃であれば本薬師寺跡も最高ですね!
2013.9.14 フォトキョイ 江口

10今井町フラフープ
この写真を届けに行って来ました。
11今井町
今井町東北角より
12今井町子供走る

13今井町かき氷
上2点:ただ今下校中
14本薬師寺跡
逆光撮影 左上:畝傍山
15ホテイアオイ
順光撮影 背景:本薬師寺跡
17ホテイアオイの中で

18本薬師寺遺跡
本薬師寺遺跡

使用カメラ/レンズ:Olympus E-PL5/ED9-18mm

「第三回 奈良まつり」 2013.9.8

昨日、僕んちの裏門・朱雀門前広場にて第三回 奈良まつりが開催されました。
地元の祭りですが、場所柄、結構な人出でした。
夕涼みを兼ねての散歩でしたが、浴衣ファッションショーなど楽しくスナップしました。
2013.9.9 フォトキョイ 江口

01奈良まつり2013.9.8
朱雀門前広場、今日は夜盆踊り大会も開催。
せんとくんエアードームもやって来ました。
02せんとくんエアドーム
せんとくんエアドーム内で子供たちは大はしゃぎ!
03浴衣ファッションショー
04浴衣ポーズ
上2点:奈良のモデルさんたちが浴衣ファッションショー
05集合写真
06何か御用?
その後、皆さんで集合写真撮影
09盆踊り
慣れない盆踊りに皆さん四苦八苦…? F4・1/60・ISO25600で撮影

使用カメラ/レンズ:Olympus E-PL5/ED9-18mm&ED14-150mm

NEXT≫
プロフィール

名古屋大学写真部OB会

Author:名古屋大学写真部OB会
名古屋大学写真部OBのための共有サイトです。新規登録は管理者までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム