FC2ブログ

徳林寺の秋まつり

今日は相生山徳林寺の秋まつりに行ってきました。
秋まつりといっても時季的には、晩秋、太陽の光はすっかりと冬モードです。
DSC00767.jpg
本堂では、 「 豆マンダラづくり 」 と称して、豆ならず様々なお菓子によって、子供たちと一緒にお母さん方が甘くて美味しいマンダラづくりに大奮闘です。
DSC00744.jpg
本堂前では豊橋からおみえになったという法螺貝吹きの行者さんのいでたちのおじさんが、本番前の口慣らしです。
DSC00755.jpg

ベトナムのご婦人たちからは、フォーという麺を振る舞っていただき、さっぱり味で切れがあり(どこかのビールみたいですが)、美味しかったな。

◇カメラ:SONY α99
◇レンズ:KONICA MINOLTA AF ZOOM 17-35mm F2.8-4
スポンサーサイト



木曽寸景

昔のネガを整理してでてきた馬籠から松本での寸景。
 多分、オリンパスXA-2, f=35㎜、F3.5 Fujicolor NG400

KSO1.jpg
KIS2.jpg
KIS4.jpg
KSO5.jpg
KSO7.jpg
KSO6.jpg

21年前のネガをフラットスキャナーで取り込んたものだが、元のネガはかなり変色して
いたので、色バランスの補正に苦労した。



高槻“絆”「奈良公園撮影会」 2013.11.29

今年から始まりました高槻“絆”撮影会
第1回予定の10/24藤原宮跡撮影会は雨天中止で本当に残念!
昨日、気分あらたに奈良公園の撮影会でした。
天気は撮影会日和!?紅葉もイチョウも鹿さんもとりあえずOK…!
12/12の寸評会で“絆”の皆様の作品を拝見するのが楽しみですね。
2013.11.30 フォトキョイ 江口

A83T8367.jpg

A83T8435.jpg

A83T8465.jpg

A83T8482.jpg

A83T8503.jpg

A83T8521.jpg

A83T8552.jpg

A83T8575.jpg

A83T8591.jpg


使用カメラ/レンズ:Canon EOS-1DX/EF28-300mmL

豊年町辺り①

中央線沿線に豊年町があるがそこに小さな神社が2社ある。
Konitorレンズの光レベルが低いところでの描写を試験した。



子供達が下校して行く。

HNN3.jpg
独特のボケ味が出ている。

HNN4.jpg
HNN5.jpg
レンズの黴、傷などでフレアーが出る。

HNN6.jpg
HNN7.jpg
HNN8.jpg
HNN9.jpg
HNN10.jpg
HNN11.jpg
HNN12.jpg
HNN13.jpg
HNN14.jpg
HNN15.jpg
HNN16
HNN17.jpg
HNN18.jpg

60年近く前のおもちゃカメラレンズは、暗い処で、手持ちでももしっかりと雰囲気のある
描写をしてくれた。これも、NEX6の高感度センサーの依るところが大きい。

中央線の花々:玩具写真機のレンズをミラーレスに

4月半ばからこのブログへ参加し作品をアップロードしてきたが、知らないうちに遂に第300作品となった。そこで、これを記念して、また、北川の変態的実験である。前にも少しアップロードしたが、撮影対象は初冬近くになって懸命に咲いている中央線沿線の花達である。古いレンズの発色テストも兼ねている。


実験対象のレンズは昭和30年に子供向けに発売されたコニカのコニレットである。 2台をジャンクで1300円程でゲットしたので一台は飾り(右の金属天板のもの:昭和32年)で古いもの(左のプラスチック天板のもの)のレンズを外し、Eマウントの接写リングにガムテープでNEX6に取り付けた。シャッターはBで固定し開きぱなしにした。  SONY NEX6, Konitor f=50mm(35mm判75mm相当)F4.5

DSC04315.jpg
ASA3200でシャッター4000分の1で切ったので電車はぶれてない。

DSC04318.jpg
DSC04319.jpg

DSC04323.jpg
DSC04324.jpg
クローズアップでもシャープでいい発色をしている。

DSC04329.jpg
DSC04330.jpg
DSC04331.jpg
DSC04332.jpg
DSC04335.jpg
DSC04337.jpg
DSC04342.jpg
青空を背景に陽に映える薔薇1本。

DSC04344.jpg
DSC04345.jpg

レンズはおもちゃカメラの60年近く前のものだが、切れといい発色といい申し分ない。
コニカレンズのファンが未だにいるのは肯ける。75㎜の画角もなかなか味のあるフレームが切り撮れる。
硝子レンズだが小さくて軽い。まだまだ、この手の実験に、はまり続けそうだ。

中村公園辺り

名古屋に長年住みながら一度も行ったことのない中村公園辺りへ行った。ここには、秀吉所縁の寺社がある。
コニカⅡB、f=50㎜、F2.8、Olympus XA, f=35mm, F2.8, Fujicolor SUPERIA X-TRA 400



清正所縁の日蓮宗の寺。

NMK3.jpg
NMK2.jpg
NMK4.jpg
NMK6.jpg
NMK7.jpg


NMK14.jpg
秀吉所縁の日蓮宗の寺。

NMK15.jpg
NMK16.jpg
NMK16-1.jpg
NMK17.jpg
NMK18.jpg
日蓮聖人像。

NMK20.jpg
NMK21.jpg
秀吉お手植えの柊。

NMK22.jpg
NMK28.jpg
秀吉を祀った豊国神社。参道は地下鉄の中村公園駅まで1km程続く。

NMK29.jpg
NMK30.jpg
NMK31.jpg
NMK32.jpg
豊国神社は中村公園の中にある。

NMK33.jpg
NMK34.jpg
亀さん達が日向で甲羅干しだ。しないと冬は体温が下って動けなくなる。

NMK35.jpg
この公園の紅葉も綺麗だ。

夜の名古屋TV塔

前に昼間のTV塔はアップロードしたが、こちらはライトアップされた夜のTV塔。
 SONY Cyber-shot WX-300, f=4.3-86mm



DSC03578.jpg
DSC03583_20131129141456ef2.jpg
DSC03585.jpg
x20倍光学+ディジタルズームでf=700㎜位。夜の暗い処でもブレ補正が効いている。

DSC03588.jpg
DSC03592_2013112914151264c.jpg
DSC03593_201311291415147bf.jpg
DSC03599.jpg
DSC03600_20131129141517301.jpg
DSC03601_20131129141541fbf.jpg
DSC03602.jpg
DSC03609.jpg
DSC03613.jpg
DSC03614.jpg
DSC03616_20131129141607d49.jpg
DSC03618_2013112914160908b.jpg
DSC03632.jpg
DSC03685.jpg
DSC03687.jpg
DSC03694.jpg
撮影で冷えた体で、ふと、錦3に目をやればつい吞みたくなる。

DSC03739.jpg
冬は熱い鍋がいいですね

夜の名古屋TV塔も綺麗でいい。

フォトキョイ「正暦寺撮影会」 2013.11.28

奈良の紅葉第二弾は正暦寺
正暦寺の撮影会は4~5年ぶり
紅葉の奈良で穴場的存在の正暦寺です。
2013.11.29 フォトキョイ 江口

Y_EG2778.jpg

Y_EG2792.jpg

Y_EG2919.jpg

Y_EG2862.jpg

Y_EG2898.jpg

Y_EG2753.jpg

Y_EG2925.jpg

Y_EG2955.jpg

Y_EG2963.jpg


使用カメラ/レンズ:Canon EOS-1Ds MarkⅢ/EF28-300mmL&EF15mm魚眼

丸山神社

若い頃はバイクで池下を通り裏道を通って大学へ通勤、後には、大学から栄へ
飲みに行くときタクシーへ乗って通る裏路に、通称、丸山神社経由と云うのが
ある。この道を知らない運転手さんは他の区から来た人だ。何回も通って
いるのに一度も訪れたことのない丸山神社だ。

SONY NEX5、f=18‐55㎜


祭神は大した大神さま達が祀られている。

DSC03334.jpg
DSC03337.jpg
DSC03339.jpg
DSC03340.jpg
DSC03340-1.jpg
多くの場合、他種の神様が併せて祀られている。お稲荷さんもそうだ。赤い鳥居の連弾の造形美だ。
DSC03341.jpg
DSC03344.jpg
この封印は何だろうか?

DSC03348.jpg
DSC03355.jpg
DSC03360.jpg
DSC03361.jpg
DSC03362.jpg
DSC03370.jpg
DSC03379.jpg
DSC03382.jpg
DSC03384.jpg
DSC03389.jpg
DSC03395.jpg
ここにも、天神様の神牛がいる。しかし、随分と小さくて檻に入っている。

DSC03402.jpg
DSC03403.jpg
DSC03404.jpg
DSC03419.jpg
DSC03423.jpg
DSC03427.jpg

鬱蒼とした森と家を背に帰路についた。南天のが暗さの中で際立っていた。

植物園の合掌造り

東山植物園の中には白川郷から移築された合掌造りが堂々と立っている。
その迫力から、写真部現役の頃、2月だったか、白川村へ名金バスで延々と5時間かけて
撮影合宿で行き、合掌造りの民宿に泊った記憶が甦った。雪にとざされ食べ物が
無くなって、宿のオジサンが鉄砲を持って出かけて猟をした。夕食で何かの
肉が出て、ちょっと臭いので、すっかり平らげたあと、オジサンに何の肉か
と問えば、答えは野兎だった。
 
 SONY NEX6、f=18‐55㎜



DSC03935.jpg
DSC03971.jpg
DSC03977.jpg
DSC03987.jpg
DSC03994.jpg
仏壇形式はは北川と同じ真宗太谷だ。

DSC03995.jpg

DSC03997.jpg
DSC04003.jpg

DSC04005.jpg

DSC04008.jpg
DSC04013.jpg


DSC04015.jpg
DSC04031.jpg
DSC04044.jpg


懐かしさを味わう事のできる場所だ。ほっとする。4月まで現役時代は
この様な暇は皆無であった。写真がやれる幸せな日々である。

東山タワー

いつも大学へ行くとき遠くから見えるこのタワーに一度も昇ったことがなかった。
65才を過ぎて敬老手帳をもらうと乗りほーの敬老パス以外にも名古屋市の施設への入場料は
大幅に安くなる。動植物園の入場料が100円でタワーが60円なのだ。名古屋市は
いい処だ。老人が出かけるようになり元気になる。タワー展望台からの市中心部と
紅葉を撮った。アングルが星野先輩のにも似ている。



DSC03880.jpg





DSC04114.jpg
DSC04116.jpg


DSC04119.jpg
DSC04120.jpg
DSC04123_2013112818381310e.jpg

DSC04130.jpg
DSC04140.jpg

DSC04181.jpg

高い処は気持ちがいい。寝ている河馬さんとタワーを
見ながら帰路についた。

紅葉:セントラルパークと東山植物園

もうじき12月なので名古屋でも紅葉は終わりに近づいている。セントラルパークの
テレビ塔の北地区と東山植物園の紅葉を撮影した。ここは、紅葉が綺麗になるように
木が芸術的に植えられている。

 コニカⅡB f=50㎜、F2.8、Fujucolor 100、
   SONY NEX6、 f=18‐55㎜、F3.5-5.6





CP2.jpg
CP3.jpg
CP4.jpg
これら4枚はセントラルパーク北部をコニカⅡBで撮ったもの。古いレンズとカメラと
ネガフィルムでもこの程度のフォーカスと発色は得られる。フレアーは仕方が無いが逆に
まんざら捨ててたものではない。
以下の写真は東山植物園でNEX6によるもの。


DSC03940.jpg
DSC03944.jpg
合掌造りが移設されている。あとで別にアップロードする。

DSC03951.jpg
DSC03952.jpg
DSC03958.jpg
DSC03961.jpg
DSC03965.jpg
DSC03967.jpg
DSC03974.jpg
DSC03975.jpg
DSC04034.jpg
夕立が急に来た。これもまた、紅葉に風情を添えた。

DSC04053.jpg
DSC04057.jpg
DSC04060.jpg
DSC04067.jpg
DSC04094.jpg
DSC04100.jpg
DSC04195_20131128180603043.jpg
噴水を横目に見ながら帰路についた。

清水氏の高分解能なフォーカシングには及ばないが、なかなかシャープで奇麗な発色が
銀塩でもディジタルでもできた。しかし、深水さんのほっとする様な繊細な雰囲気はまだまだ出せない。

御在所岳

体力に自信があっても何が起こるかわからないのが熟年登山、したがって最近は専ら車とロープウェイを乗り継いで高いところへ登っています。11月8日には鈴鹿山系御在所岳(標高1,212m)へロープウェイを使って登ってきました。紅葉は中腹一帯が真っ盛りで、ロープウェイから真下を撮ったり、目の前の岩壁を撮ったりと、様々な距離と画角から写真撮影を楽しむことができました。ご笑覧ください。
星野光雄 (2013年11月8日撮影)


御在所002a
ロープウェイから真下を撮影。紅葉した樹冠を真上から撮るとこうなるのか!と改めて感心しました。

御在所009
中腹から山頂にかけての景観。針葉樹が紅葉を一段と際立たせています。

御在所013
御在所岳は花崗岩の山です。頂上に近づくと傾斜がきつくなり、花崗岩が顔を覗かせます。

御在所016a
この辺りはロープウェイが岩壁の間近を通過します。

御在所017
間もなく山頂です。花崗岩からなる険しい山稜が見られます。

御在所021b
山頂駅から山麓方向を俯瞰。ワイヤーロープにはいくつもの客車がぶら下がっている。山麓の白い建物群は湯の山温泉。

Nikon F6, Distagon 28mm/f2.0, Kodak Elitechrome

東山動物園:廻りの人

動物園の続き。動物の廻りの景色と人の様子。
 SONY NEX6 SEL1855 f=18‐55㎜ F=3.5-5.6



DSC03764.jpg
象の糞の多さには子供もびっくり。

DSC03769.jpg
DSC03784.jpg
DSC03785.jpg
カンガルーは人気種の一つだ。烏が邪魔だと子供らは騒いでいた。


DSC03848.jpg
白熊も人気ものだが寝てばかりいるので、子供達が起きろと叫んでいた。

DSC03846.jpg
子供は遠くの麒麟よりカメラの方に興味があるようだ。

DSC03835.jpg

DSC03842.jpg
DSC03843.jpg
子供の集団が集結し、色々な活動だ。

DSC03851.jpg
DSC03853.jpg

DSC03906.jpg
栗鼠も子供達には人気ものだが、オジサンは興味がない。


DSC03914.jpg
DSC03915.jpg
羊とウサギも人気ものだ。このウサギは特にギャルに#「超かわゆい~」と言われていた。

DSC04166.jpg
DSC04192.jpg
DSC04193.jpg
DSC04195.jpg
DSC04196.jpg
この日は火曜日で寒かったので場内は閑散としていて、店屋さんは水を引く状態だった。
北川は遅い昼食で一杯500円のきしめんを注文し、店に寄与してきた。若いカップルは熱い状態だ。

DSC04217.jpg

DSC04216.jpg
晩秋の日は釣瓶落とし。4時前には家路についた。今日は3時間余歩いた。

名古屋東山動物園:愛らしい動物たち

写真部入部後の初の撮影会(金城の新顔の為も)はここで行われた。実際、以前、その当時の写真をアップロードした。下の娘を連れて行ってからももう10数年たったので、改めて出かけた。機材はNEX5が古くなったので、新たに購入したNEX6。ミラーレスだが電子ファインダーがついているので年寄にはいい。
  SONY NEX6 SEL1855 f=18‐55㎜ F=3.5-5.6



DSC03758.jpg
DSC03773.jpg
DSC03793.jpg
DSC03798.jpg
群れるフラミンゴと孤独な鴨。

DSC03803.jpg
DSC03825.jpg
優しいロバの顔と、仲睦ましいライオン夫婦。

DSC03859.jpg
DSC03864.jpg
コアラは木の上が定番だが、走ることもジャンプもできる。

DSC03879.jpg
求愛ダンス。

DSC03881.jpg
DSC03900.jpg
栗鼠と小鳥館では放し飼いだ。人を恐れない。

DSC03913.jpg
DSC03929.jpg
見つめられると嬉い。将来は意志疎通をしたいものだ。

DSC04108.jpg
DSC04113.jpg
DSC04123.jpg
DSC04155.jpg
DSC04159.jpg
DSC04161.jpg
DSC04163.jpg
アメリカ狼。動きが速くてぶれるので、流し撮りにした。

DSC04174.jpg
DSC04179.jpg
DSC04188.jpg
DSC04197.jpg
孤独な生活。

DSC04201.jpg
仲良しニ匹。

動物のふとした瞬間を捉えるのはなかな難しかった。


フォトキョイ「談山神社撮影会」 2013.11.25

一昨日11/25より奈良の紅葉撮影会が始まりました。
第一弾は5~6年ぶりの談山神社撮影会、確か前回も雨だったように思います。
どうもフォトキョイの談山神社撮影会はついていないようですね。
でも、そこはフォトキョイの腕のみせどころ…?!
2013.11.27 フォトキョイ 江口

Y_EG2493.jpg

Y_EG2580.jpg

Y_EG2607.jpg

Y_EG2673.jpg

Y_EG2682.jpg

Y_EG2693.jpg

Y_EG2706.jpg

Y_EG2709.jpg

Y_EG2727.jpg

Y_EG2736.jpg


使用カメラ/レンズ:Canon EOS-1Ds MarkⅢ/EF28-300mmL

高幡不動のもみじ祭

11月23日は高幡不動のもみじ祭と萬燈会とが重なり、とても賑やかでした。もみじの紅がいらかに映えていました。

IMG_4394.jpg
IMG_4402.jpg
IMG_4423.jpg
IMG_4457.jpg
IMG_4460.jpg
IMG_4563.jpg
IMG_4578_201311261552584fd.jpg
IMG_4586.jpg
IMG_4596.jpg
IMG_4608.jpg
IMG_4632.jpg
IMG_4647_201311261556121cd.jpg
IMG_4649.jpg
IMG_4661.jpg
IMG_4682.jpg


(カメラ: Canon EOS 50D レンズ: Sigma DC18-250mm 撮影日:2013年11月23日)

首都圏OB会を開催しました

11月25日の夜、恒例の首都圏OB会を新宿で開催しました。参加したOBは8名で、近況報告などであっと言う間に3時間が経ちました。次回は来年夏に暑気払いの予定です。

IMG_5533.jpg
IMG_5535_201311261129021bf.jpg
IMG_5538.jpg
IMG_5542.jpg
IMG_5543_20131126112900fc7.jpg

愛知県護国神社

名古屋にも護国神社が名古屋城の南にある。つい、最近まで知らなかった
 Canon A-1400



IMG_1776.jpg
IMG_1778_20131125074002e56.jpg
IMG_1779.jpg
IMG_1782.jpg
可愛い兵隊さんだが過去は悲惨だ。戦争は繰り返してはいけない。

IMG_1784_20131125074018664.jpg
IMG_1787.jpg
IMG_1789.jpg
IMG_1795.jpg

IMG_1797.jpg
IMG_1803.jpg
普通の顔と違ってこわい形相だ。

IMG_1805.jpg
命のシンボル柱。

IMG_1809.jpg
IMG_1821.jpg
IMG_1823.jpg
IMG_1826.jpg
IMG_1829.jpg
名古屋城の外堀の周辺も秋の深まりが感じられる。


フォトキョイ「第25回たかとり城まつり撮影会」 2013.11.23

“平成の歴史とともに歩む勇壮時代絵巻百名城の祭典”と称して毎年11/23に明日香の南・高取で行われる時代祭り。
フォトキョイの撮影会としては久しぶりでした。
2013.11.24 フォトキョイ 江口

PB230006.jpg
電車乗継の橿原神宮前駅にて、廃車となる近鉄特急18400系に撮り鉄が大集合!
PB230013.jpg
集合場所の近鉄吉野線壺阪山駅ホームスナップ
PB230135.jpg
上下:駕籠かき競争の駕籠に乗る女の子
PB230157.jpg

PB230266.jpg
出発前
PB230346.jpg
古い街並みの土佐街道約1kmを行列して進みます。
PB230441.jpg
土佐街道は狭いのでこのように身近に撮影できます。
PB230377.jpg

PB230443.jpg


使用カメラ/レンズ:Olympus E-PL5/ED9-18mm&ED14-150mm

紅葉③

紅葉③。町中&公園。
 Canon A-1400



DSC03441.jpg
DSC03442.jpg
DSC03444.jpg
DSC03445.jpg
DSC03447.jpg
DSC03451.jpg
DSC03455_20131123233226718.jpg
DSC03464.jpg
DSC03469.jpg
DSC03471_201311232332421d7.jpg
DSC03479.jpg
DSC03482_20131123233245479.jpg
DSC03487.jpg
DSC03493.jpg
DSC03503.jpg
DSC03512.jpg
DSC03536.jpg
DSC03541.jpg
DSC03545.jpg
DSC03548.jpg
DSC03550.jpg
DSC03553.jpg
DSC03555.jpg
DSC03559.jpg
DSC03571.jpg

紅葉ももうじき終わりで、今年は酷暑の反対の極寒の冬が来るらしい。

紅葉②

セントラルパーク②。
Canon A-1400



IMG_1985.jpg
IMG_1989.jpg
IMG_1992.jpg
IMG_2004.jpg
IMG_2005_20131123211153890.jpg
IMG_2008.jpg
IMG_2009.jpg
IMG_2010_20131123211158dc0.jpg
IMG_2017.jpg
IMG_2023.jpg
IMG_2024.jpg
IMG_2025.jpg
IMG_2028.jpg
IMG_2031_20131123211237a09.jpg
IMG_2034.jpg


IMG_2037_20131123211243e44.jpg

IMG_2036.jpg

紅葉の反射・透過・影は美しい。

紅葉①

紅葉が綺麗ですね。先ず、セントラルパークの紅葉ニ部の①。

 Canon PowerShot A-1400



IMG_1896.jpg
IMG_1898_20131123210257f85.jpg
IMG_1900.jpg
IMG_1910.jpg
IMG_1911.jpg
IMG_1912.jpg
IMG_1937.jpg
IMG_1940_201311232103292f6.jpg
IMG_1941_20131123210331806.jpg
IMG_1943.jpg
IMG_1944.jpg
IMG_1946.jpg
IMG_1947.jpg
IMG_1951.jpg
IMG_1957.jpg
IMG_1958_201311232103560a5.jpg
IMG_1959.jpg
IMG_1967.jpg
IMG_1980.jpg
IMG_1981.jpg

久屋大通の中央にあるセントラルパークは都会の森だ。一瞬、ほっとする。
都市デザイン賞を受賞している。

「大和三山散策Ⅲ」 2013.11.20

第三弾は藤原宮跡~耳成山周辺
少しずつ天気は回復方向へ…?
耳成山麓に着く頃はご覧のように青空が…!
2013.11.22 フォトキョイ 江口

PB200123.jpg
⑯藤原宮跡よりの畝傍山(標高199m)
PB200140.jpg
⑰藤原宮跡よりの耳成山(標高139m) 
PB200155.jpg
⑱醍醐池よりの耳成山
PB200162.jpg
⑲醍醐池北側よりの耳成山 
この醍醐池の周りは桜の時季、セイヨウカラシナも咲いてとても綺麗です。
PB200185.jpg
⑳醍醐池北側より左の香久山(標高152m)をもう一度振り返る。
PB200188.jpg
㉑耳成山への途中、JR桜井万葉まほろば線の踏切無しの所を横切りました。
PB200196.jpg
㉒耳成公園池よりの耳成山全景
PB200205.jpg
㉓滑りやすい岩の登山道
PB200209.jpg
㉔頂上付近の山口神社の素晴らしいかすれた古い絵
PB200216.jpg
㉕下山途中に出会った野良猫
PB200223.jpg
㉖耳成公園で最後に“今日一日、お疲れさ~ん!”の自分の影を記念撮影

大和三山のコピーのコピーのコピー
使用カメラ/レンズ:Olympus E-PL5/ED9-18mm

「大和三山散策Ⅱ」 2013.11.20

第二弾は香久山周辺
香久山は大和三山の中で一番目立たないかわいそうな山…
でも、たまたま下の歌のように雨の香久山となりました。
参考までに:
“春すぎて 夏来(き)にけらし 白妙(しろたへ)の 
    衣(ころも)ほすてふ 天(あま)の香具山(かぐやま)
           持統天皇(2番) 『新古今集』夏・175
2013.11.21 フォトキョイ 江口

PB200065.jpg
⑧本薬師寺跡
PB200071.jpg
⑨飛鳥川
PB200077.jpg
⑩霧雨の紀寺跡
PB200080.jpg
⑪紀寺跡よりの香久山(標高152m)
PB200093.jpg
⑫これから雨の香久山登山です。
PB200097.jpg
⑬香久山より畝傍山を眺望
PB200114.jpg
⑭八釣山地蔵尊
PB200119.jpg
⑮振り返ってまた香久山

大和三山のコピーのコピー
使用カメラ/レンズ:Olympus E-PL5/ED9-18mm

「大和三山散策Ⅰ」 2013.11.20

昨日11/19は雨模様…、でも今日11/20の天気予報は“曇りのち晴れ”と言うことで、藤原京・大和三山「畝傍山~香久山~耳成山」散策を決行しました。 
ところが、天気予報大外れ~!!!!! 
せっかくの一日の計画…、傘をさしさし、時には風強し状態の中、橿原神宮前駅~畝傍山(標高199m)~本薬師寺跡~香久山(標高152m)~藤原宮跡~耳成山(標高139m)~大和八木駅の約15kmを10:00~16:00の6時間かけて頑張って散策して来ました。
大和三山を登るのは今回が初めて…、天気にはまったく恵まれませんでしたが、今までとかなり変わった写真になりました。
たくさんの写真を撮りましたので3回に分けてご紹介します。
第一弾は畝傍山周辺です。
2013.11.21 フォトキョイ 江口

PB200004.jpg
①橿原神宮大鳥居
PB200010.jpg
②橿原神宮本殿
PB200016.jpg
③畝傍山より耳成山を眺望
PB200023.jpg
④畝傍山口神社
PB200031.jpg
⑤畝傍山口神社内にある子授け岩
PB200058.jpg
⑥風致保安林よりの畝傍山
PB200059.jpg
⑦神武天皇陵

大和三山のコピー
使用カメラ/レンズ:Olympus E-PL5/ED9-18mm

錦秋の殿ケ谷戸庭園

前回の撮影から一週間、今日訪れた殿ケ谷戸庭園は美しい紅葉を楽しむ人が大勢見受けられました。あと1〜2週間美しい紅葉を楽しめそうです。
IMG_4119.jpg
IMG_4130.jpg
IMG_4133.jpg
IMG_4144.jpg
IMG_4155.jpg
IMG_4164.jpg
IMG_4181.jpg
IMG_4196.jpg
IMG_4208_20131120223301818.jpg
IMG_4213.jpg
IMG_4223.jpg
IMG_4227.jpg
IMG_4233_20131120223624433.jpg
IMG_4241.jpg
IMG_4245.jpg
IMG_4249.jpg
IMG_4263_20131120223622a6e.jpg
IMG_4267.jpg
IMG_4294.jpg
IMG_4299_201311202239220ed.jpg
IMG_4305.jpg
IMG_4308.jpg
IMG_4311_201311202239205c1.jpg
IMG_4313.jpg

(カメラ:Canon EOS 50D レンズ: Sigma DC 18-250mm 撮影日: 2013年11月20日)

名古屋テレビ塔④:コニカⅡBによる紅葉

名古屋テレビ塔シリーズ④。今度はクラッシックカメラによる紅葉の実験。は前に
紹介したコニカⅡB(Hexanon f=50㎜ F2.8)で北川が生れて少したったころ発売されたカメラ。
コニカは戦後直に、ライカまたはライカコピーに手が出なかった人のために6x6判の蛇腹(スプリング)カメラとともに35㎜判の距離計連動カメラシリーズコニカI、Ⅱ、ⅡB、Ⅲと出した。フィルムはFujiColor100




Koni2.jpg
Koni3.jpg
Koni4.jpg
Koni6.jpg
Koni7.jpg
Koni8.jpg
Koni9.jpg
この2枚のやや逆光での発色はいい。

KOni10.jpg
Koni11.jpg
Koni12.jpg
Koni13.jpg
Koni14.jpg
ビルの反射光で派手なフレアーがでている。レンズに黴や傷がある為だ。
しかし、眩しいと云う感じがよく出ている。


Koni15.jpg
Koni16.jpg

切れもまあよしで、補正でカラーもまあまあ出ているが、何となく古風な写真になっている。
やはり、昔のレンズは白黒用なので、カラーバランスを考えたコーティングをしてないのが原因
であろう?Weltaもそうだが前の作品のように寺社の写真には古風な発色は向いているのかも。

名古屋テレビ塔③:有機的雰囲気

前報2つの①と②は無機的作品だったが、③は紅葉に映えるテレビ塔だ。
 Canon PowerShot A-1400



IMG_1902.jpg
IMG_1894_20131119202820b46.jpg
IMG_1915.jpg
IMG_1917.jpg
IMG_1919_20131119202837b20.jpg
IMG_1954.jpg

IMG_1969.jpg
IMG_1972.jpg
IMG_1982_20131119202904200.jpg
IMG_1991.jpg
IMG_2011_20131119202907b45.jpg


IMG_2042_201311192029204a4.jpg
IMG_2047_20131119202922703.jpg
IMG_2047-1.jpg
IMG_2048_201311192029246e9.jpg
IMG_1953_201311192036592a2.jpg

紅葉に過去まれたテレビ塔は美しい。

武蔵国分寺散策

お天気に誘われて、いつもの散歩コース武蔵国分寺を歩きました。既に陽も傾き、歩いている人も殆どいません。
IMG_5463.jpg
IMG_5468.jpg
IMG_5474_20131119202502cb6.jpg
IMG_5479.jpg
IMG_5484.jpg
IMG_5486.jpg
IMG_5490.jpg
IMG_5495.jpg

(カメラ: Canon PowerShot S90 撮影日:2013年11月19日)
NEXT≫
プロフィール

名古屋大学写真部OB会

Author:名古屋大学写真部OB会
名古屋大学写真部OBのための共有サイトです。新規登録は管理者までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム