FC2ブログ

「阿倍野ハルカス界隈散策」 2014.4.29

昨日、第7回夕陽丘写真コンテストの表彰式の前に天王寺・阿倍野ハルカス界隈を散策して来ました。
GWの真っ只中、ハルカスオープンも重なり、大阪の南も人ごみで大変でした。
2014.4.30 フォトキョイ 江口

P4290052.jpg

P4290082.jpg

P4290127.jpg

P4290163.jpg

P4290146.jpg

P4290121.jpg

P4290095.jpg

P4290260.jpg


使用カメラ/レンズ:Olympus E-PL5/ ED14-150mm
一部アートモード:ドラマチックトーン

スポンサーサイト



昭和記念公園のチューリップ

立川の昭和記念公園は、四季折々の花が見応えがありますが、この時期は特にチューリップが目を楽しませてくれます。
IMG_7503.jpg
IMG_7544.jpg
IMG_7548.jpg
IMG_7550.jpg
IMG_7552.jpg
IMG_7554.jpg
IMG_7557_20140429225508fe6.jpg
IMG_7559.jpg
IMG_7569.jpg
IMG_7573.jpg
IMG_7574.jpg
IMG_7582.jpg
IMG_7587.jpg
IMG_7593.jpg
IMG_7598.jpg
IMG_7601.jpg
IMG_7603.jpg
IMG_7608.jpg
IMG_7610.jpg
IMG_7614.jpg
IMG_7619.jpg
IMG_7620.jpg

(カメラ: Canon EOS 5D MK II レンズ: EF24-105mm 撮影日: 2014年4月28日)

清澄庭園の春

清澄庭園は明治初期に完成した回遊式日本庭園で、園内には全国から取り寄せた名石が散りばめられています。この日は曇りで人も少なく、落ち着いた雰囲気の中を散策しました。
IMG_6560.jpg
IMG_6568.jpg
IMG_6578.jpg
IMG_6582_20140429222645a7d.jpg
IMG_6597.jpg
IMG_6612.jpg
IMG_6617.jpg
IMG_6622_2014042922362157f.jpg
IMG_6625.jpg
IMG_6636.jpg
IMG_6639_20140429223619a71.jpg
IMG_6649.jpg
IMG_6655.jpg
IMG_6661.jpg
IMG_6669.jpg
IMG_6671.jpg
IMG_6673.jpg
IMG_6683.jpg
IMG_6686_201404292243136d0.jpg
IMG_6688.jpg
IMG_6695.jpg
IMG_6700.jpg

(カメラ: Canon EOS 50D レンズ: Sigma DC18-250mm 撮影日: 2014年4月21日)

旧芝離宮恩賜庭園の春

大名庭園には雨も似合います。今日の旧芝離宮恩賜庭園は、曇り時々晴れ、また小雨と撮影日和でした。散りかけた里桜と牡丹の花が目に鮮やかです。
IMG_6381.jpg
IMG_6396_20140429221319d30.jpg
IMG_6399.jpg
IMG_6402_20140429221317399.jpg
IMG_6426.jpg
IMG_6434.jpg
IMG_6447.jpg
IMG_6455_2014042922192891a.jpg
IMG_6459.jpg
IMG_6466.jpg
IMG_6471.jpg
IMG_6485.jpg
IMG_6494.jpg
IMG_6498.jpg
IMG_6514_20140429222159466.jpg
IMG_6520_20140429222158fb7.jpg
IMG_6528.jpg
IMG_6529.jpg
IMG_6537_20140429222400d53.jpg

(カメラ: Canon EOS 50D レンズ: Sigma DC18-250mm 撮影日: 2014年4月21日)

多摩霊園の桜

時々足を伸ばす多摩霊園。桜の季節はピンクに染まります。
IMG_6288.jpg
IMG_6291.jpg
IMG_6300.jpg
IMG_6311.jpg
IMG_6313.jpg
IMG_6315.jpg
IMG_6331_20140429220753ba9.jpg
IMG_6334_2014042922075267e.jpg
IMG_6344_2014042922075299f.jpg

(カメラ: Canon EOS 50D レンズ: EFS10-22mm 撮影日: 2014年4月7日)

徳川園山水

徳川園は牡丹の花が盛りだが、春の新緑も綺麗だ。
こちらも怪しい監視用ズームレンズで撮った。

 Pentax-Q, レンズ:中国製(メーカー不明)監視カメラ用CSマウントバリフォーカスレンズf=5-120mm(35mm判換算27.5-660mm)F1.6-?


人口の池や川であるが年月を経るにつれ自然体になっていく。

_IGP2026.jpg
_IGP2031.jpg
薄暗い所で光に映える緑は綺麗だ。

_IGP2032.jpg


_IGP2034.jpg
_IGP2036.jpg
_IGP2078.jpg
_IGP2094.jpg
留まった瞬間を捉えた。鳥の写真は難しい。f=約600mm。尾長かな?花と同様、
北川に鳥の名を訊かないで欲しい。

_IGP2123.jpg
幸運なことに、若き幸せな二人の前撮りが目に入ってきた。新緑に映える紅の衣装は綺麗だ。

_IGP2131.jpg
_IGP2133.jpg
 春は鳥も魚も活発だ。

_IGP2139.jpg
_IGP2140.jpg
_IGP2153.jpg
春の陽気の中で波面を見つめて何思う乙女。

_IGP2154.jpg


_IGP2178.jpg
_IGP2182.jpg
光と影は美しい。

_IGP2187.jpg

_IGP2196.jpg
_IGP2197.jpg
_IGP2198.jpg
_IGP2206.jpg
春は心を開放する恋の季節だ。

_IGP2217.jpg
_IGP2218.jpg
こちらは、子育て、仕事を終わり、ほっとした春を楽しむ。北川ももうその時期が来ている。

_IGP2225.jpg
_IGP2278.jpg
_IGP2288.jpg
_IGP2291.jpg
_IGP2295.jpg

光影の道を通って帰路についた。

周辺の流れはあるが、安ものの怪しいレンズでも新緑の色はよく出た。

「カラーフィルム時代の思い出」 ⑤

第五弾は「カラーフィルム時代の思い出」の最終回です。
祭り・イベントでのスナップ写真をご紹介します。
2014.4.28 フォトキョイ 江口

528元興寺節分豆まき
奈良・元興寺 暑い節分の日
529橿原神宮建国記念日
橿原神宮「紀元祭」 幔幕の取り付け作業、もう大変!
530高松あばれ神輿
高松・塚原稲荷「あばれ神輿」 祭りの前…
532奈良バサラ祭り
奈良「バサラ祭り」 “もう待てない。遷都1300年へ、バサラ全開!”
531伏見稲荷さゆり
京都伏見稲荷 フォトキョイでは珍しい浴衣モデル撮影会作品
フォトキョイ専属?の浴衣モデル「さゆりさん」です。
彼女の本職はベリーダンサー 
現在は結婚されてフォトキョイの浴衣モデルも卒業です。
本当にありがとうございました。

徳川園の牡丹

テレビの地元ニュースで徳川園の牡丹の花が満開だと云うので早速取りに行った。
 Pentax-Q, レンズ:中国製(メーカー不明)監視カメラ用CSマウントバリフォーカスレンズf=5-120mm(35mm判換算27.5-660mm)F1.6-?、一部、Canon PowerShot G9
注)ズームレンズが焦点距離を変えても焦点位置が変わらないのに対して、バリアブルフォーカルレンズは変化してしまう。
しかし、コンパクトにできる。



怪しいバリフォーカスレンズを着けたPentax-Q。手のひらサイズだ。24倍、広角から超望遠までカバーしているがさて、写りはどうか?


IA.jpg
バラ園の一角への入り口。これと、以下、3枚はG9による撮影

IMG_0676.jpg
IMG_0677.jpg
IMG_0678.jpg
_IGP2043.jpg
これ以降、怪しレンズによる。まあ、なんとか写るではないか。

_IGP2051.jpg
_IGP2063.jpg
こちらは広角端でf=27.5mm相当。それにしては、周辺の歪曲がかなりきついが、逆に面白い。
親父さんが盛んにシャッターを切っていた。どんな写真が撮れたのだろう。最近はやりの写真女子
も見受けられた。


_IGP2067.jpg
_IGP2072.jpg
和服のご婦人たちも「綺麗だわねーと」今は盛りの牡丹花を愛でてゆっくりと散策を楽しんでいた。

_IGP2083.jpg
_IGP2088.jpg
_IGP2091.jpg
_IGP2092.jpg
_IGP2102.jpg

_IGP2103.jpg
赤選択モードを初めて使ってみた。

_IGP2107.jpg
_IGP2122.jpg
_IGP2159.jpg
_IGP2160.jpg
_IGP2245.jpg

_IGP2256.jpg
_IGP2266.jpg
女の子が花を見ているようだが、実は砂を手ですくって遊んでいた。

_IGP2301.jpg
日に透けた牡丹の大きな花弁は美しい。

_IGP2314.jpg
_IGP2319.jpg

この日は快晴で、花はやや行き過ぎて萎みかけのもあったが、たくさんの数の牡丹を見たのは65年余の人生で初めてだった。
怪しげなレンズは望遠、広角、接写ではまあまあ写り発色もいい。ただ、中くらいのfでは周辺
収差による流れがかなり見られた。一方で、、今のレンズはどこのメーカのでも完璧なまでに
収差が除かれよく写り面白くない、とは、松屋カメラの社長の言。だから、トイ効果とかを
わざと作って、周辺を流すようなソフトがカメラに組み込まれているのかもしれない。そう云う意味では、
不完全なオールドレンズ、このような怪しいレンズやトイレンズの存在価値はあるのかもしれない。
そう云えば、前にアップロードした中国・福建(Fuiqing)製のCマウントのf=35mmのレンズも中心はかなりシャープだが周辺はかなり独特なボケボケ方をしたような気がする。技術不足なのか、わざとそれを売りにしているのか? 益々、分からなくなってきた。


ドーム通りの花

色々な花が咲く時季ですね。前にもアップロードしましたが、名古屋ドーム周辺の通りには綺麗な花が咲いているので撮影した。例により花の名前は訊かないこと。
 SONY α7、レンズAFNIKKOR f=35-80mm F4-5.6



DSC04688.jpg
DSC04697.jpg
DSC04698.jpg
DSC04708.jpg
DSC04709_20140426172228839.jpg
DSC04722_20140426172230184.jpg
DSC04723.jpg
DSC04727.jpg
DSC04729_20140426172248aad.jpg
DSC04731.jpg
DSC04732.jpg
DSC04734.jpg
DSC04737.jpg
DSC04739.jpg
DSC04741.jpg
DSC04742.jpg
DSC04743.jpg
DSC04754_20140426172315c64.jpg
DSC04779.jpg

使ったレンズは軽くて小型のα7にはマッチする。はなみずきの色を出すのに苦労した。

「カラーフィルム時代の思い出」 ④

第四弾は、偶然に出会ったスナップ写真です。
2014.4.26 フォトキョイ 江口

519福山鞆の浦
福山・鞆の浦 大物だぞ~!?
520奈良町
奈良町寸景
521牛窓
岡山・牛窓 いつものところにチョットだけ…、失礼!
522奈良町
奈良町 おれの方がかっこいいワ~ン!?
523奈良公園
奈良公園 鹿さんも一緒に記念写真
525大宇陀又兵衛桜
大宇陀・又兵衛桜 雨に誘われて…

「カラーフィルム時代の思い出」 ③

桜・他の撮影会が続きましたので「カラーフィルム時代の思い出」は久しぶり…。
第三弾は、めったに出会えない被写体を切り撮った写真です。
2014.4.23 フォトキョイ 江口

515談山神社
奈良・談山神社 春陽を浴びて…
516明日香稲渕
明日香・稲渕 ひとやすみ
517新薬師寺
奈良・新薬師寺 人影を見つけて 
518北海道鶴居村
北海道・鶴居村 カップルで着地

バンコクディナー

バンコクで夕食に招待された。空港の直ぐ傍にある泰料理の野外レストランである。
この時期、バンコクは猛暑だが、夕方は涼しくなる。
  SONY DSC-WX300:相当暗かったのでISOを目いっぱい上げた。 




THN3.jpg
南国の夜風は心地よい。

THN4.jpg
THN5.jpg
THN6.jpg
泰美女のほほ笑みに心も揺らぐ。 泰は微笑みの国と云われている。

THN7.jpg
やがて歌が始まる。彼女が私にステージで歌うようにボーイに頼んだがXだった。

THN8.jpg
THN10.jpg
夜が更けて泰ビールでちょうど良い心地で帰路に着いた。

インドネシアでもそうだが熱帯の夜はエキサイティングでウキウキする。

Surinの大学と雑景

Surinへは大学のカリキュラムの相談で立ち寄った。綺麗なキャンパスでカンボジアの国境近くにあることもあって泰とカンボジアの文化の混合をテーマの一つにしている。 SONY DSC-WX300



SUR2.jpg
正門のレリーフで、やはり象がシンボルだ。

SUR3.jpg
校舎もほかの大学とは違う芸術的な雰囲気だ。ここの女性学長はうちの大学はお金がないと言っていたが
後者はなかなか凝っている。


SUR4.jpg


SUR5.jpg

SUR6.jpg
後者の中から入り口の方を見ると遠目に仏様が目に入る。

SUR7.jpg
SUR8.jpg
その横には王様の姿が。。この国では、仏様と王様は国のどこにもいる。

SUR9.jpg
SUR10.jpg
キャンパスは自然の中にありこれは職員の官舎だ。

SUR11.jpg
SUR12.jpg
ホテルへ戻って窓から眺めると、昔懐かしいトタン屋根の家が目に入った。
でも、立派なBSアンテナが立っている。


SUR13.jpg
アパートでの配達のお兄さんか。
SUR14.jpg
アパート1Fに何やら怪しいサインがみえるがただのコンビニかも

SUR15.jpg
翌朝眺めると、親父さんが朝起きてきてこの格好で半時間ほど何か考え事をしていた。

SUR16.jpg
そのあと、子どもらが起きてきて楽しく語らっていた。お母さんは朝食の支度でもしているのかな。
ご飯前の楽しい親子の語らいは微笑ましい。日本では消えつつある光景かもしれない。

SUR17.jpg
SUR18.jpg
遠くに何やら仏塔のようなものが見えたので光学ズーム20Xに数倍のデジタルズームをかけて推定f1500mmほどで手持ち撮影をした。かなりの後処理をしたが、コンパクトカメラで手持ちでこの超望遠撮影ができるのは、
強力なブレ補正が効いているお蔭だ。昔のカメラでは巨大な望遠レンズを使い三脚を立てないと不可能だ。

Surinのショッピング街と昼食

Surinからバンコクへ帰る途中、ショッピングと昼食に立ち寄った。
 SONY DSC WX-300 車上からの撮影のため高感度ハイスピードの設定のままで
撮ったので粒子がやや粗れいてる。




DSC05439.jpg
DSC05440.jpg
子どもの頃の懐かしさを感じる店である。

DSC05446.jpg
高い自転車を買ってもらってうれしくて、店の周りの道を行ったり来たりして皆に見ぜびらかしていた。
北川が写真を撮っていると意識過剰であった。日本では当たり前であまり感激しない子供が多いのでは。
小さな頃の感激は大事なことだ。


DSC05447.jpg
DSC05453.jpg
立派な雄鶏が悠々と歩いている。
DSC05457.jpg
DSC05459.jpg
この祠は仏様ではないようで、両親か先祖を祭ったものか。

DSC05460.jpg
DSC05462.jpg

DSC05465.jpg
写真を撮っていたら店の女の子トリオが寄ってきた。北川が片言の泰語でくん(君)ちゅー(名前)あらい(何)?と聞くとボーとかなんとかニックネームを教えてくれた。泰の人の本当の名前は長すぎて覚えられない。
本人たちも厄介なので泰人は必ずニックネームを持っている。例えばクーンチャンは海老ちゃんのように。


DSC05496.jpg
ショッピングをあとに少し町中へ出て食事をしたがここにもシンボルの象像が。

DSC05472.jpg
DSC05470.jpg
泰料理には必ずと言っていいほどパクチ(コリアンダー)の味が入っている。北川は祭始めはなれなかったが
今では病みつきになった。

DSC05128.jpg
トムヤムクンをはじめ泰スープは辛い、酸っぱい、甘いとあらゆる味が入っている。クンはニックネームにも
使われる海老で、魚入りはトムヤムプラーである。


DSC05469.jpg
遠目にみていたら何やらポスターに写真がいっぱい載っていた。写真判定してみるとデザートだ。いろんな種類があるが、東南アジアのスウィーツは甘すぎるの遠慮した。

泰の料理も野菜を多く取るので健康的だ。また、辛い味付けが体内脂肪を燃やしてくれる。

Surinの象と像

泰の東、カンボジア国境に近いSurinのシンボルは象だ。いたるところに象と仏様の像がある。
 SONY WX-300



アーチが象の牙で戦いの象徴である。泰は過去において強いミャンマー、カンボジア、ベトナム軍の侵入に対する攻防が幾度かなされた。

DSC05488.jpg

DSC05497.jpg
DSC05489_2014042108063179c.jpg
軍馬でなく軍象といったところだ。

DSC05499.jpg
DSC05500.jpg

DSC05491_201404210806339b5.jpg
今は平和の象徴という感じだ。アジア象はアフリカゾウに比べおとなしい。軍象としてはイメージが合わない。
DSC05507.jpg
ガソリンスタンドにも仏壇がある。日本では観音像のようだが、白毫があるので仏様だろう。

DSC05508.jpg

DSC05514.jpg
DSC05515.jpg
DSC05510.jpg
排気ガスで顔が黒ずんでしまった。

名古屋クラブツーリズム主催「奈良・白毫寺~般若寺」撮影会 2014.4.19

昨日4/19は “クラブツーリズム専用「かぎろい」号で行く、列車で学んですぐ実践!古都・奈良さんぽ”と称する、今までにない撮影ツアーで、名古屋よりの近鉄特急列車内で写真セミナー後、奈良の白毫寺~般若寺の撮影という企画でした。
関西では桜も過ぎたこの時季、穴場的な白毫寺の落ち五色椿と般若寺のヤマブキを撮影して来ましたのでご紹介します。
2014.4.20 フォトキョイ 江口

P4190060.jpg

P4190042.jpg

P4190210.jpg

P4190240.jpg
以上4点 ハギで有名な白毫寺 落ち五色椿の時季も大好きです。

P4190465.jpg

P4190327.jpg

P4190348.jpg

P4190447.jpg

P4190357.jpg

P4190380.jpg
以上6点 コスモス寺で有名な般若寺 ヤマブキの黄色が美しい。

使用カメラ/レンズ:Olympus E-PL5/ED9-18mm&ED14-150mm

泰シルク

泰での旅程の途中で、伝統的な泰シルクを作っている集落を訪れた。
  SONY DSC-WX300


職人(ほとんど女性)達が住む伝統的な家。

DSC05364.jpg
DSC05385.jpg
染めの作業場。

DSC05367.jpg
DSC05371.jpg
DSC05375.jpg
DSC05376.jpg
DSC05382.jpg

DSC05386.jpg
DSC05389.jpg
こちらは、機織りの作業場。

DSC05388.jpg
DSC05391.jpg
DSC05397.jpg
DSC05398.jpg
DSC05400.jpg
一枚が完成するのには数か月かかるそうだ。高そう。

DSC05420.jpg
DSC05427.jpg

泰の深いところで思わぬ伝統文化を見ることができた。

泰のフルーツ店

泰の田舎道を車で旅していると夕日が落ちかかってきたので、フルーツ店で一服。
ありとあらゆる熱帯の果物を売っている店がいっぱいあった。
  SONY DSC-WX300



TMS2.jpg
TMS3.jpg
TMS5.jpg
TMS6.jpg
TMS7.jpg
TMS8.jpg
TMS9.jpg
TMS10.jpg
TMS11.jpg
TMS13.jpg
TMS14.jpg
TNS12.jpg

日本では高いマンゴーはミカンと同じぐらいの値段だ。他の熱帯国と同様に、
この国は太陽の恵みをいっぱい受けている。

泰の田舎道雑景

泰のSurinへの往復路の田舎道を走る車上から撮った。一般道路なのに車は平気で120kmで飛ばしている。
振れを防ぐため感度を目いっぱい上げてシャッタースピードを1/4000にした。なので、フィルムの言い方だと
粒子が粗れている。 SONY DSC-WX300



泰の人は敬虔な仏教徒が多いので、車には必ず仏様がいる。それにしても、スピード超過は許してくれるのであろうか。

DSC05517.jpg
こんな田舎道を7時間走った。

DSC05338.jpg
お婆さんかお爺さんか、ノーヘルで危ないよ。

DSC05089.jpg
これもよく見かけるが、日本ではご法度。

DSC05140.jpg
DSC05327.jpg
肉眼では120kmのスピードで流れる景色で気がつかなかったが、よく見ると象さんが畑で放し飼い(野生?)。

DSC05334.jpg
この季節(4-5月)は泰では一番熱い時で畑や田圃はからからで作物はほとんど見かけなかった。
学校は日本でいう夏休みだ。


DSC05335.jpg
牛も放し飼い。
DSC05345.jpg
焼畑がまだ行われている。
DSC05503.jpg
DSC05519.jpg
DSC05081.jpg
露天商がいっぱい道端に並んでいる。このおばさんも暑かろうに。

DSC05076.jpg
黄金の仏様が道端に現る。
DSC05103.jpg
王様の肖像画はいたるところで見られる。国民の尊敬を受けている。

DSC05521.jpg
DSC05522.jpg
やや、ソーラーパネルが目に入ってきた。まだ、泰では少ないが、太陽が強いので2倍の発電ができる。

DSC05523.jpg
DSC05524.jpg
DSC05531.jpg
DSC05533.jpg
DSC05536.jpg
DSC05540.jpg
DSC05548.jpg
DSC05550.jpg
やがて、日が落ちる。
DSC05112.jpg
夜店の灯りが目に眩しい。裸電球が過去の故郷のノスタルジアを掻き立てる。

DSC05124.jpg
 
子どもの頃の日本の原風景を思い出させてくれる旅路であった。     つづく。

水戸カメラのスナオシ主催「吉野千本桜」撮影旅行 2014.4.14~16

13年ぶりに水戸の皆様9名が奈良「吉野千本桜」撮影旅行で来られました。
前回は秋の奈良公園、今回は桜満開の吉野の撮影会で皆様大満足だったことと思います。
2014.4.17 フォトキョイ 江口

【金峯山寺蔵王堂の3日の顔】
01A83T2919.jpg

02A83T2919 (1)

03A83T3000.jpg

04A83T3024.jpg

05A83T3153.jpg

06A83T3165.jpg

07A83T3264.jpg

08A83T3798.jpg

09A83T3639.jpg

【他・スナップ】
10A83T3786.jpg

11A83T3495.jpg

12A83T3375.jpg

13A83T3622.jpg

14A83T3230.jpg

15A83T4230.jpg

16A83T3663.jpg

17A83T4160.jpg

18A83T3630.jpg

19A83T3417.jpg


使用カメラ/レンズ:Canon EOS-1DX/EF28-300mmL&EF16-35mmL

fotokoy 写真大好き!”http://fotokoy.blog.fc2.comに
フォトキョイ便りNo.137 2014年5月号」抜粋を
アップロードしておりますのでよろしかったら覗いて下さい。

泰の卒業式

泰の大学の卒業式に出る機会があった。泰では卒業式を含むセレモニーは華々しくかつ格式のあるものである。この式では王女様が直々に卒業生4000余人に3時間にわたり証書を手渡された。  SONY DSC-WX300


この大学のシンボルで王家のシンボルでもある。

BKS4.jpg
式の開始前、これを礼を尽くして会場内へ運ぶ。

BKS5.jpg
選ばれた品格のある女性たちが参加している。

BKS5-1_20140415104534603.jpg
BKS6_20140415104536d32.jpg
BKS7_20140415104537727.jpg

BKS8.jpg
やがて、4000余人の卒業生が会場へ集結してくる。
BKS9.jpg
これはリハーサル。もちろん、本番の授与式は王女様がおられるので撮影禁止である。

BKS9-1.jpg
BKS10.jpg
BKS11.jpg
式後は階下で皆で大騒ぎだ。


他の王子様や王女さまも別の大学の授与式をされるそうで、泰の王室は庶民から大変慕われているそうだ。

千種公園散策

千種公園へ久しぶりに散策に出かけた。春と冬の名残りの混在している風景であった。  SONY α7、ИНДУСТАР-22 f=5cm F3.5, Elmar f=135mm F4


この日はどんよりした曇り空。オールドレンズにはいい条件だ。それでも、
樹上にはフレアーは華々しいがそれも一興だ。


CKN1-2.jpg
CNK2.jpg
CKN3.jpg
CKN4.jpg
CKN5.jpg
CKN6.jpg
CKN7.jpg
CKN8.jpg

CKN9.jpg
CKN9-1
上二枚は冬の名残りをみせてくれる。

CKN10.jpg
桜散る中で、この枝垂れは華やかに咲き誇っている。
CKN11.jpg
CKN12.jpg
CKN13.jpg

CKN14.jpg
上はすべて散ったこの桜も、下でしぶとく咲かせている。
CKN15.jpg
CKN16.jpg
チューリップは益々盛んだ。

山里の春

久し振りに新城作手(つくで)にある山荘へ車で出かけた。途中の山里の風景を撮った。標高が400-700mと高いので、名古屋では既に散ってしまった桜がちょうど見ごろであった。
  SONY DSC-WX300



DSC05604.jpg
DSC05622.jpg
DSC05623.jpg
DSC05626.jpg
DSC05628.jpg
DSC05640.jpg
DSC05664.jpg
DSC05672.jpg
DSC05685.jpg
DSC05691.jpg
DSC05694.jpg
DSC05698.jpg
DSC05703.jpg
DSC05709.jpg
DSC05710.jpg

この小湖は作手地区の水甕で綺麗に整備されている。一休みするには丁度いい。静寂な空間だが、
昔、武田軍は野山を越えてこの辺りを含め奥三河に進出した。しかし、織田・徳川連合軍の鉄砲隊に
敗れたのはよく知られている。ここで休んでいると、ふっとそんなことをに想いを馳せるのであった。
そんな山里では、まだ、冬の花と春の花が混在していた。

街角公園の花

春になりカラフルな花が咲き始めた。街角の小さな公園の花を撮った。


 フルサイズミラーレスのSONYα7に旧ソ連製ИНДУСТАР-22(Lマウント沈胴式) f=5cm, F3.5とElmar(Rマウント)f=135mm, F4をはじめてつけて撮影した。古いレンズと最新カメラのドッキングである。前者はかなりレンズが曇っていてフレアーが華々しいがそれを利用してみた。後者は綺麗なレンズである。ライカ時代には望遠は距離計連動でピントを合わせにくいため不人気であったらしく安価に手に入る。

DSC04423.jpg
原画はコントラストが悪いが少し手を加えると綺麗な発色である。

DSC04427.jpg
DSC04432.jpg
こちらはElmarでの撮影。

DSC04435.jpg

DSC04442.jpg
DSC04456.jpg
DSC04459.jpg
DSC04461.jpg
DSC04467.jpg
DSC04468.jpg
DSC04475.jpg
DSC04480_201404141514566a2.jpg
DSC04481.jpg

オールドレンズでフレアーの乗ったふわーとした感じがよく出た。また、NEX5で撮った時より、フルサイズではさらにいい階調が出ているようだ。

泰の象さん再び

マレーシアから泰へ移動。バンコクから東北東にあるカンボジアとの国境に近いところにあるSurinという田舎町へ車で7時間かけて行った。ここのシンボルは象(泰語でChang)でいたるところに象像がある。というわけで、現地大学での仕事の合間に象さんに会いに行った。  SONY DSC-WX300


大学の校舎に入るとき遠くに象さんが目に入ってきた。

TZS2.jpg

TZS3.jpg
実によくできた象像である。それもそのはず、ここは芸術学部だそうだ。

TZS4-1.jpg
こちらは、象園での本物。勝手に歩いている。アジアゾウはおとなしいといえ全くよく訓練されている。

TZS4.jpg

TZS5.jpg
北川も前に一度乗ったが、揺れはゆっくりだがかなり大きく初めての人はなれるのが必要。

TZS6.jpg
人が集まってきた。

TZS7.jpg
TZS12-1.jpg
見事なキックを前足だけでなく後足でも見せてくれた。

TZS9.jpg
優しい女象使いもいる。

TZS10.jpg
子どもたちは恐れずに乗る。おとなは大騒ぎだ。

TZS10-1.jpg
象の目は体の大きさに比べ小さく優しい。

TZS11.jpg
TZS12.jpg
ショーが終わると最後に3頭がポーズ。これは、どこかのエンブレムに使われていたようだ。

TZS14.jpg
最後に、仕事を終って、遠慮もなく糞を転がして退散していった。乾燥すれば燃料になりそうだ、
というのがエネルギー研究の北川の頭をかすめた。


高槻“絆”「奈良公園」撮影会 2014.4.10

一昨日4/10高槻の写真クラブ“絆”の奈良公園撮影会がありました。
まだまだ奈良公園では桜は見頃、一時的に桜吹雪も見られ感激でした。
もちろん、鹿さんたちも私達を喜んで迎えてくれました。
2014.4.12 フォトキョイ 江口

A83T2444.jpg

A83T2525.jpg

A83T2588.jpg

A83T2597.jpg

A83T2624.jpg

A83T2681.jpg

A83T2723.jpg

A83T2756.jpg

P4100608.jpg

P4100675.jpg

P4100728.jpg


使用カメラ/レンズ:Canon EOS-1DX/EF28-300mmL
使用カメラ/レンズ:Olympus E-PL5/ED9-18mm

フォトキョイ「室生寺~大野寺」撮影会 2014.4.9

昨日4/9久しぶりに室生寺~大野寺の桜を撮りに行って来ました。
天気良好~! 桜は見頃~!!
さて、写真の出来上がりは如何なものでしょうか?
2014.4.10 フォトキョイ 江口

Y_EG3030.jpg

Y_EG3054.jpg

Y_EG3072.jpg

Y_EG3075.jpg

Y_EG3144.jpg

Y_EG3183.jpg

Y_EG3194.jpg

Y_EG3219.jpg
以上8点 室生寺

Y_EG3306.jpg
大野寺前磨崖仏
Y_EG3337.jpg

Y_EG3350.jpg

Y_EG3362.jpg
以上4点 大野寺

使用カメラ/レンズ:Canon EOS-1Ds MarkⅢ/EF28-300mmL

クアランプール雑景

ジャカルタを後にしてマレーシアの招待講演のため首都クアランプールへ移動した。忙しく、殆ど時間がなかったが寸時の写真を撮った。 SONY DSC-WX300




首相官邸である。イスラムの国らしい。

DSC04861_20140408121930155.jpg
遠目には見えなかった模様がよく見える。f=約480mm.


DSC04862.jpg
こちらはモスク。

DSC04868.jpg
日本人ではなさそうで、おのぼりさんか?

DSC04880.jpg
官邸のある政治の中心地区の周りにはこのような高級住宅街がある。

DSC04882.jpg寛いだホテルの庭は南国らしい。

DSC04885.jpg
DSC04887.jpg

KULは二泊でそこそこにタイのバンコクへ移動した。今、バンコクにいて日本時間で4時にホテルを立ち
明日の朝、名古屋へ着く。バンコクの写真は帰ってからアップロードする。

「春の大和三山散策」 2014.4.7

晴天の下、昨年秋の「雨の大和三山散々散策」のリベンジ・ウォーキングです?! 
大和三山“畝傍山~香久山~耳成山”を15kmカメラ片手に6時間散策して来ました。
それにしても、僕は元気ですね~?!
その後のビール・冷酒と好きな魚料理、本当に美味しかったですよ。
2014.4.8 フォトキョイ 江口

P4070014.jpg
橿原神宮
P4070035.jpg
畝傍山(標高199m)頂上で山ギャルならぬ、山おばちゃんたちが昼前弁当中
P4070050.jpg
畝火山口神社
P4070077.jpg
慈明寺入口
P4070098.jpg
高取川沿いの桜並木と畝傍山の上に日暈(ひがさ、にちうん)
P4070134.jpg
神武天皇陵参道
P4070167.jpg
本薬師寺跡の向こうに畝傍山
P4070216.jpg
紀寺跡より香久山(標高152m)
P4070230.jpg
香久山 蝶の採集中
P4070297.jpg
天香久神社前
P4070316.jpg
途中、赤藻?池
P4070395.jpg
醍醐より耳成山
P4070435.jpg
醍醐より畝傍山
P4070508.jpg
耳成山(標高139m) アートモード:ダイナミックトーン
P4070554.jpg
耳成公園

大和三山巡りのコピーのコピー


使用カメラ/レンズ:Olympus E-PL5/ED9-18mm

ジャカルタカラオケ

ジャカルタのカラオケへ行った。日本の歌もあるが最近のはない。インドネシアの人が知っている
日本の歌でもっとも親しまれているのは五輪真弓の「心の友」であるが、日本人は殆ど知らない。
嘗てインドネシアで大きな地震被害ががありインドネシアが沈んでいるときこの歌が心に響いたらしく
複数のインドネシア歌手が日本語、インドネシア語、ミックスで歌っている。北川も今は歌える。
 SONY DSC-WX300




DSC04785.jpg
DSC04786.jpg
DSC04791.jpg
DSC04796.jpg
DSC04810.jpg
DSC04811_201404072041393ae.jpg
DSC04813_20140407204137d6c.jpg

NEXT≫
プロフィール

名古屋大学写真部OB会

Author:名古屋大学写真部OB会
名古屋大学写真部OBのための共有サイトです。新規登録は管理者までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム