FC2ブログ

お鷹の道から西国分寺へ

雨の一日。いつものお鷹の道から西国分寺駅前までカメラ散歩です。
P7230051.jpg
P7230056.jpg
P7230058.jpg
P7230070.jpg
P7230072.jpg
P7230073.jpg
P7230074.jpg
P7230075.jpg
P7230076.jpg
P7230078.jpg
P7230079.jpg
P7230090.jpg
P7230097.jpg
P7230099.jpg


(カメラ:Olympus EP-L6 レンズ:Zuiko 14-40mm DC 撮影日:2020年7月23日)
スポンサーサイト



井の頭公園

久しぶりの梅雨晴れの日曜日。井の頭公園はボート待ちの行列が続いていました。
IMG_6719_20200720205609274.jpg
IMG_6734_20200720205610911.jpg
IMG_6740.jpg
IMG_6750_20200720205613087.jpg
IMG_6755_20200720205615940.jpg
IMG_6759_20200720205616da1.jpg
IMG_6770_20200720205618ae5.jpg
IMG_6777_20200720205619b13.jpg
IMG_6784_20200720205621012.jpg
IMG_6786_202007202056221b9.jpg
IMG_6796.jpg
IMG_6814_20200720205625c80.jpg
IMG_6827_202007202056262e4.jpg
IMG_6844.jpg
IMG_6880_202007202056303dd.jpg
IMG_6889.jpg
IMG_6895.jpg


(カメラ:Canon EOS 5D MK II レンズ:EF24-105mm + PLフィルター 撮影日:2020年7月19日)

アフリカの地質調査1981年 セイシェル諸島

調査の最後はセイシェル諸島です。

セイシェル①:セイシェル原産の双子椰子(ココ・デ・メール)の実
Kenya20-25.jpg

セイシェル②:双子椰子の木-根元に実がなる。
Kenya20-30.jpg

セイシェル③:あらゆる種類のランが咲き乱れるオーキット・ガーデン
Kenya21-12.jpg

セイシェル④:隊員とドライバー。当時はこのようなレンタカー(ミニモーク?)が多かった。
Kenya21-19.jpg

セイシェル⑤:山から切り出した花崗岩のブロック。セイシェル諸島の多くは花崗岩の島。マダガスカル島と同様,元々はアフリカ大陸の一部と考えられている。
Kenya22-05.jpg

セイシェル⑥:セイシェルの首都ヴィクトリアの中心街
Kenya23-17.jpg

セイシェル⑦:サンゴ礁が発達し,欧米からの客が年中絶えない観光立国
Kenya24-06.jpg

セイシェル⑧:街角で見かけた現地の女の子。セイシェルは,歴史的に様々な民族の血が入り混じっている。
Kenya24-29.jpg

DATA:Nikon ME, Nikon Series-E 35/2.5, Ektachrome








アフリカの地質調査1981年 ザンビア

ザンビア①:少年と私
Kenya13-06.jpg

ザンビア②:赤ちゃんを囲んで
Kenya14-28.jpg

ザンビア③:調査車の修理を見物する人々
Kenya14-29.jpg

ザンビア④:村の子供
Kenya14-31.jpg

ザンビア⑤:熱帯サバンナを貫通する道路
Kenya14-32.jpg

ザンビア⑥:一夫多妻の家族
Kenya18-19.jpg

ザンビア⑦:ジャカランダと民家と青空
Kenya18-24.jpg

ザンビア⑧:陽気な若者たち
Kenya18-25.jpg

ザンビア⑨:ヴィクトリア滝
Kenya19-07.jpg

ザンビア⑩:ヴィクトリア滝
Kenya19-29.jpg

DATA:Nikon ME, Nikon Series-E 35/2.5, Ektachrome









お鷹の道のART

いつもの散歩コース・お鷹の道。その昔、尾張徳川家の藩主が鷹狩りに通ったということでお鷹の道と名付けられています。お鷹の道沿いの小川に時々木製の水車が置かれていますが、この日は5種類のアートが勢揃い。初めてのことです。よく見れば、昨年善福寺公園の野外アート展で出展された作品です。国分寺でもこういった野外アートが定着するといいと願っています。
IMG_5594_20200711190150314.jpg
IMG_5600_2020071119015291a.jpg
IMG_5604_20200711190153693.jpg
IMG_5607_20200711190155b71.jpg
IMG_5614_20200711190156c97.jpg
IMG_5619_20200711190158481.jpg


(カメラ:Canon EOS 50D レンズ:EFS10-22mm 撮影日:2020年7月10日)

殿ヶ谷戸庭園・雨上がりの花

雨上がりの殿ヶ谷戸庭園を散策。水滴を持った花を撮影して後から見ると、撮影時には気付かなかった蟻3匹が、花の上で働いていました。



(カメラ:Olympus EPL-6 レンズ:Zuiko 14-42mm EZ ED 撮影日:2020年7月9日)

アフリカの地質調査1981年 ケニア(その2:ヴィクトリア湖畔キスム地域の調査)

ケニア⑬:赤道上での記念写真。諏訪隊長(左端)と隊員3名,ドライバー2名。
Kenya8-04.jpg

ケニア⑭:キスム地域で活躍している青年海外協力隊員。魚の養殖の指導。
Kenya9-05.jpg

ケニア⑮:子供たち
Kenya9-16.jpg

ケニア⑯:立派な藁ぶき住居
Kenya9-19.jpg

ケニア⑰:着飾った女性たち
Kenya10-10.jpg

ケニア⑱:学校の朝礼
Kenya10-27.jpg

ケニア⑲:隊長のスケッチ風景
Kenya10-30.jpg

ケニア⑳:牛飼い
Kenya10-37.jpg

ケニア㉑:1981当時はケニア鉄道が隣国ウガンダまで延びていた。
Kenya11-07.jpg

ケニア㉒:約25億年前の驚くほど新鮮な岩石
Kenya11-08.jpg

ケニア㉓:ヴィクトリア湖畔の漁村
Kenya11-37.jpg

ケニア㉔:キシーストーンの彫像はケニアの代表的な土産物。
Kenya12-02.jpg

DATA:Nikon ME, Nikon Series-E 35/2.5, Ektachrome












アフリカの地質調査1981 ケニア(その1:リフトバレーとマチャコスの調査)

 暇に飽かして昔のスライドをデジタイズしました。小生が初めてアフリカ調査に行った時の写真です。恩師が代表者の「名大アフリカ地質調査隊」の一員として,1981年7月2日~10月25日の4か月弱,ケニア,ザンビア,セイシェルの3か国を調査し,24本のスライドフィルムに記録しました。これらのスライド全体のデジタイズは10年くらい前に一度やったのですが,今回はその中から改めて丁寧にデジタイズを行ったものを4回に分けて掲載します。40年経っても色褪せないコダックのフィルムに感心します。

ケニア①:ナイロビ北西30 kmのView point(標高2300 m)での若者たち:背景はリフトバレーに聳えるロンゴノット火山
Kenya3-02.jpg

ケニア②:View pointの土産物売り
Kenya3-03.jpg

ケニア③:ナイロビ南東50 kmのマチャコス調査-我々の調査の様子を見物している子供たち。赤味の強いラテライト土壌で赤かぶり。
Kenya4-32.jpg

ケニア④:マチャコス-コーヒーのプランテーション
Kenya4-33.jpg

ケニア⑤:マチャコス-子供の走り高跳び遊び
Kenya5-03.jpg

ケニア⑥:マチャコス-調査隊の田舎宿
Kenya5-15.jpg

ケニア⑦⑧:マチャコスのマーケット
Kenya5-22.jpg

Kenya6-08.jpg

ケニア⑨:マチャコス-牛飼いの少年。画像全体が赤かぶり。ここまではKodachrome,以降はEktachrome。
Kenya5-35.jpg

ケニア⑩:マチャコス-小学校の生徒たちと小生(中央)
Kenya6-06.jpg

ケニア⑪:マチャコスのドライブイン
Kenya6-26.jpg

ケニア⑫:6億年前の地層の褶曲構造
Kenya6-35.jpg

DATA:Nikon ME, Nikon Series-E 35/2.5, Kodachrome & Ektachrome(ISO 64?)
プロフィール

名古屋大学写真部OB会

Author:名古屋大学写真部OB会
名古屋大学写真部OBのための共有サイトです。新規登録は管理者までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム