FC2ブログ

千体もの不動尊像が彫られる供養塔

群馬県太田市の明王院の境内に建つ供養塔。
延享7年(1747年)に建立され、4方全体で合計千体の不動尊像が彫られています。
諸願成就を祈る不動尊信仰が盛んであったことを偲ぶことができると、案内板に説明されています。

DSC00325_20190409171735a18.jpg
DSC00417.jpg

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

- 清水博史 - 2019年04月10日 22:41:36

一面250体とは凄いですね。千体それぞれが異なる形、表情なんでしょうかね。こういうものをみると、何人で製作したのか気になります。

トラックバック

URL :

プロフィール

名古屋大学写真部OB会

Author:名古屋大学写真部OB会
名古屋大学写真部OBのための共有サイトです。新規登録は管理者までご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム